<高校バスケ>最高峰の舞台ウインターカップを戦う“双子”たち。男女優勝候補校で活躍

公開: 更新: テレ朝POST

12⽉23⽇(⼟)から29⽇(⾦)に行われる「SoftBank ウインターカップ2023」(令和5年度 第76回全国⾼等学校バスケットボール選⼿権⼤会)。

高校バスケ日本一を決めるこの大会だが、今大会注目なのは、優勝候補校にいる双子の選手たちだ。

◆高校バスケを戦う“双子”選手たち

まず男子では、バスケ王国・福岡の強豪でウインターカップ4度の優勝を誇る福岡第一高等学校(福岡)の1年生に宮本聡と宮本耀の“宮本ツインズ”がいる。

部員115人という大所帯で選手層も厚い福岡第一だが、宮本ツインズは「U18日清食品トップリーグ2023(男子)」など大きな試合でも1年生ながらすでに出場チャンスをつかんでおり、福岡第一の持ち味“堅守速攻”に貢献している。

ウインターカップ本戦でも、コートを駆け回るこの1年生ガードコンビに注目したい。

また女子では、姉妹それぞれ別々のチームで戦う双子がいる。

桜花学園高等学校(愛知)の阿部心愛(ここな)と、聖和学園高等学校(宮城)の阿部友愛(ゆうな)。

ともにU16日本代表に名を連ねる2年生で、中学までは同じチームでプレーしてきた2人だが、強豪・桜花学園で挑戦したかったという妹・心愛と、地元の高校を強くしたいと聖和学園を選んだ姉・友愛、高校では別々の道に進んだ。

これまで対戦した際には、激しいマッチアップも繰り広げてきた2人。高校バスケ最高峰の舞台での対戦が実現なるか、そしてそれぞれの奮闘にも注目だ。

◆大阪薫英の木本姉妹。コートネームは「風神雷神」

そして、もう1組紹介する双子は3年生。

今年でウインターカップ36回目の出場となる大阪薫英女学院高等学校(大阪)で活躍する姉妹、姉・木本桜子と妹・木本桃子だ。

大阪薫英は、ウインターカップでは過去6度ベスト4に入り、そのうち3回は決勝進出している強豪。優勝には一度も手が届いていないが、今年こそ初優勝を狙っている。

そんな優勝候補校の主力である2人は、「こんなに仲の良い双子は初めて見た」と周囲から言われるほど仲が良く、部活以外の学校生活や昼休みも常に一緒に行動。

チームメイトからも「めっちゃ仲良い」「同じこと言う」「寝顔が一緒。寝方とかも一緒」といった証言が出るほどだ。

もちろん、プレーでも息はピッタリ。とくに、大阪薫英の持ち味であるディフェンスでは抜群のコンビネーションを発揮する。

姉・桜子:「2人でボールを奪ってくるとか、自分がディレクションかけて相手をこっちに引き寄せてるときに次のパスをちゃんとカットしてもっといけたりとかは、やっぱり双子だから信頼してできますね。

声をかけなくても共通理解でスイッチできるというか、もも(妹)じゃない他のメンバーだったら1回1回声をかけなきゃいけないこともある。自分が前に出たら後ろの人も一緒に来ちゃってそこがノーマークになってしまったりとか。そこはやっぱ、双子のときはコールもなくできるから多分相手も結構イヤだと思います」

妹・桃子:「一緒です。オフェンスよりもディフェンスのほう、来てほしいときにダブルチームになってくれたりとか、パスカットしてくれたりとか。そこは本当に双子だから分かり合えるというのはあります」

このように、双子の息の合ったプレーの中でお互いリスペクトもし合う2人。

安藤香織ヘッドコーチも、「やっぱりディフェンスの連携は素晴らしいと思いますね。どっちもかなり強いプレッシャーをもってやれるので、ディフェンスのそのコンビネーション、2人に入れ替わりつかれるとやっぱり(相手としては)イヤなところはあるんじゃないかな」と2人のディフェンス力に太鼓判を押す。

また安藤HCは、姉・桜子をキャプテンにしている理由について、「完全に“お姉ちゃん気質で”、リーダーとしては過去一だと思います」と断言。

一方、妹の桃子については一言「無邪気」と表現するが、「3年生になってから、妹もちゃんとリーダーっていう自覚が出てきて、お姉ちゃんが言わなくても妹がバンバン前に出てくるようになりました。桃子もリーダーに上がってきて、チームがグッと良くなってます」と、それぞれのチームにおける役割についても信頼を寄せている。

そしてそんな2人には、双子ならではの“コートネーム”(コート上で呼ばれる呼び名)が。

姉の桜子が「風」、妹の桃子が「雷」。その名の通り、“風神雷神”から付けられているという。

妹・桃子:「(由来は)双子っていうのも多分あると思うんですけど、(他の人と)名前が被っていたらコートネームが付くようになっていて、桜子が被っていたので、一緒に双子だから付けてもらったという感じです(笑)」

このコートネームにちなんで目標を聞くと、次のように話してくれた。

妹・桃子:「“雷”って強いイメージがあるので、ディフェンスでハードに当たるとか、オフェンスでも縦ドライブ行くとかは意識してやりたいなって思ってます」

姉・桜子:「風のようにみんなを巻き込んで、全国制覇、日本一にみんなを連れていきたい」

1年生、2年生、3年生。男子女子それぞれの優勝候補校で活躍する双子の選手たち。「SoftBank ウインターカップ2023」では、そんな彼ら彼女たちに注目して見てみても面白いかもしれない。

(取材:青木美詠子)

※関連番組・放送情報:

・『SoftBank ウインターカップ2023』
<男子決勝>
2023年12月29日 (金) 午後1時~、テレビ朝日系列にて生中継
<女子決勝>
2023年12月28日 (木) ひる12時~、BS朝日にて生中継

・『熱冬!高校バスケ デイリーハイライト ~SoftBank ウインターカップ2023~
テレビ朝日にて放送(関東地区)
12月23日(土)深夜1時00分~1時15分
12月24日(日)深夜1時10分~1時25分
12月25日(月)深夜0時15分~0時30分
12月26日(火)深夜0時15分~0時30分
12月27日(水)深夜0時15分~0時30分
12月28日(木)深夜0時15分~0時30分
12月29日(金)深夜0時04分~0時19分

・『熱冬~高校バスケSoftBankウインターカップ2023~』
2023年11月5日(日)スタート、毎週日曜日よる10:54~11:00(全8回)、テレビ朝日(関東地区)

・『バスケ☆FIVE 日本バスケ応援宣言』
毎週金曜深夜1:15~1:30、テレビ朝日(一部地域のみ)

PICK UP