1月放送のドラマ『顔』、武井咲が本格歌唱シーン披露!Mステチーム全面協力

公開: 更新: テレ朝POST

2024年新春、1月3日(水)に放送されるテレビ朝日開局65周年記念 松本清張 二夜連続ドラマプレミアム『顔』

後藤久美子×武井咲が初共演にしてW主演で挑む同作は、これまで幾度となく実写化されてきた名作を脚本家・浅野妙子の手で現代版へと大胆にアップデート。

武井演じる“覆面アーティスト”井野聖良と後藤演じる殺人犯を目撃した弁護士・石岡弓子が、追いつ追われつのサスペンスを展開する。

二転三転していくスリリングな展開と女同士の極上バトル、そして名作を大胆に脚色したストーリーに注目の今作では、武井咲が本格歌唱シーンに挑んでいる。

◆Mステチームの技術が華を添える!

今作で覆面アーティストの井野聖良を演じている武井。

殺人を犯した彼女は、顔を出さずにアーティスト活動することを条件にデビューへの階段を上り始める。

そんな聖良が、ある一大決心のもと生放送の音楽番組に出演するというクライマックスのシーン。このシーンは『ミュージックステーション』チームの全面協力のもと撮影が行われた。

1986年から37年以上にわたり生放送を続けてきた熟練のチームが手掛けたステージは、カメラワークからライティングまで、これぞまさに『ミュージックステーション』の真骨頂。ドラマの世界観をますます盛り上げる。

◆武井咲(井野聖良・役)コメント

今回、井野聖良という役をいただいて台本を読んでいく中で、聖良にとって「歌」というのは気持ちを伝える一番の、そしてただ1つの手段であり、だからこそとても大事な部分なんだと感じました。

実は当初は気を使っていただき、私以外の方が歌うというスタンバイしてくださっていたのですが、やはり聖良の心情になり歌うということ、そしてそれを皆さんに届けることがすごく大切だと思い、「歌いたい」ということを伝えさせていただきました。

正直なところ、歌は得意ではないですし上手くはないのですが、上手い下手よりも歌を通して聖良の思いを届けるというのは私がやらなくてはっていう責任を感じたんです。曲を決める段階でも、自分でレコーディングして、スタッフの皆さんに聴いていただいて…。

自分の声を通して皆さんに聴いてもらうことが、この作品においても大事なポイントになるのではないか、という思いでした。

――実際に準備や練習はどのようにされたのですか?

ギターを弾きながら歌うシーンに関しては、とにかく1日1回ギターを触るようにしていました。やはり音楽をやられる方は、ギターもピアノも弾けることが当たり前。だから私も1日1回は触れて、馴染むように、という練習をしていました。

――『ミュージックステーション』のスタッフが手掛けたステージでの歌唱シーンもありますが、そこでパフォーマンスをした感想はいかがでしたか?

本当に光栄でした! でもすごく緊張して、肩甲骨の上のあたりまでガチガチに固まっていました(笑)。聖良として、聖良という強い味方がいたからやりきれたなっていう感じです。

『ミュージックステーション』のスタッフの皆さんが、ドラマでいったらすごく短いシーンのためにたくさんの準備をしてくださり、ライティングからカメラワークまで完璧に作ってくださり、その熱意に私自身もものすごく感動しました。

フルでお見せしたいくらい、贅沢な時間でしたし、この作品の中の歌っていうのを本当に私は大事にしてた部分だったから、そこをしっかりとお力添えをいただけたことが本当に心強くて、ありがたかったです。

※番組情報:テレビ朝日開局65周年記念『松本清張 二夜連続ドラマプレミアム』
・第一夜『顔』
2024年1月3日(水)よる9:00~11:05放送
・第二夜『ガラスの城』
2024年1月4日(木)よる9:00~11:05放送
【ネット】テレビ朝日系24局

PICK UP