黒柳徹子の父・守綱さんの“後輩”ヴァイオリニストが『徹子の部屋』登場!偉大な先輩への想い

公開: 更新: テレ朝POST

12月11日(月)の徹子の部屋に、ヴァイオリニストの篠崎史紀が登場する。

「マロ」の愛称で呼ばれ、長年NHK交響楽団のコンサートマスターを務める篠崎は、ユニークな風貌や語り口でも知られている。

ヴァイオリンの音楽教室を営む両親に育てられながらも、幼少期は「ウルトラセブン」になりたいと真剣に願っていたとか。

ヴァイオリニストになると思ったのも、「音楽をやっていれば言葉が通じなくても友人ができる」という両親の言葉を聞き、高校生の頃にウィーンに留学したことがきっかけだった。

そんな篠崎が映画『窓ぎわのトットちゃん』で、黒柳の父であり楽団の大先輩にあたる黒柳守綱さんの吹き替え演奏を担当。

クラッシック音楽が今のような地位を得る前、戦争が始まるなかコンサートマスターとして懸命に生きた偉大な先輩の演奏を担当できたことは、本当に光栄だったという。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年12月11日(月)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

PICK UP