「私の時代から遠く考えられないような時代が来た」フィギュア解説者・町田樹が新時代の女子の戦いを展望<GPファイナル>

公開: 更新: テレ朝POST

12月7日(木)、フィギュアスケートのグランプリファイナルが中国・北京で開幕した。

日本勢は、世界王者・宇野昌磨を筆頭に男子3名(宇野、鍵山優真、三浦佳生)、世界女王・坂本花織を中心に女子3名(坂本、吉田陽菜、住吉りをん)が出場する。

大会を放送するテレビ朝日の動画配信サービス・テレ朝動画では、解説者・町田樹氏のスペシャルトーク映像を配信中。グランプリファイナルの展望について語っている。

テレ朝POSTは、このインタビューの模様を2回に分けて紹介。2回目の本記事は「女子シングルの勝負のポイント」に迫る。

◆世界女王・坂本花織の初制覇なるか

――女子シングルは坂本花織、イザボー・レビト(アメリカ)、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)、吉田陽菜、ニーナ・ピンザローネ(ベルギー)、住吉りをんの6人が出場を決めました。坂本選手が中心にいますが、日本勢はちょっとフレッシュな顔ぶれですね。

町田:「女子もまた日本勢の強さが見えますよね。毎回複数人の日本選手を送り出している。また、男子女子両方に言えることは、まったく同じ構図だということ。日本3人とアメリカ1人、その脇を固める欧州勢、しかも同国のベルギーが2人。おもしろいですね。勢力図が変わってきている。日本とアメリカの強さはもちろんですが、やはり欧州が強くなってきているのが印象的です」

――では、女子の勝負のポイントはどこになりそうですか?

町田:「グランプリシリーズ2戦の平均得点で考えると、男子は3つのグループに分けられましたが、女子は2つに分けられるのではないかと思います。200点超えしている坂本選手、レビト選手、ヘンドリックス選手の1群と、190点台に乗せている吉田選手、ピンザローネ選手、住吉選手の2群。この間の戦いになると思います。

いちばん表彰台の可能性が高いのは、やはり1群の選手。その中でもとりわけ坂本選手が群を抜いている。彼女が持てる力を90%以上出せば優勝の可能性は非常に高いです。それぐらい今季は独走状態でした」

――ただ、坂本選手はまだグランプリファイナルの頂点に立っていません。

町田:「それも意外ですよね。ぜひ悲願の初優勝を遂げてほしいですけれど、簡単なことではない。ひとつミスがあれば、レビト選手やヘンドリックス選手が下から突き上げてくるでしょう」

写真:AP/アフロ

――シーズン2戦の得点を見ても結構僅差ですからね。そこで勝負を分けるのが出来栄えですか。

町田:「そうですね。女子も概ねトリプルルッツまででジャンプ構成を組んでいるので、ファイナリストの6人はほとんど技術水準は同じです。だからこそ、女子もまたGOEの勝負になってくるでしょう。ただ跳ぶだけではなく、クオリティが勝負の鍵ということです」

◆「この10年でフィギュアスケートの技術が進化した」

――その中で今季は、吉田選手や住吉選手のような選手も出てきました。

町田:「2022年以降、4回転ジャンプを跳ぶロシアの選手が出場していない現在、やはりどの選手もトリプルルッツまででうまくプログラムをまとめている。言ってみれば、この2シーズン女子は技術的に飽和状態に近かったわけです。

ところが、今季に入って吉田選手と住吉選手がそれぞれトリプルアクセルと4回転トウループに挑戦し、しかも見事に決めている。なお、昨季のグランプリファイナルでは、渡辺倫果選手がトリプルアクセルに挑戦されていました。こうしてトリプルアクセルや4回転に挑戦する選手が登場することによって、技術水準が膠着状態になっていた女子に新しい風が吹きはじめています。

彼女たちが大技を決めて、さらにノーミスということになれば、おそらく演技構成点も引っ張られて上がってくるのではないかと推測しています。そういうブレークスルーを起こせば、彼女たちが1群のほうに上がってくる可能性は大いにあります」

写真:新華社/アフロ

――逆転するだけの爆発力があるわけですからね。坂本選手を含む上位3人は、本当にミスが許されない。やはり男女ともに一つひとつの技の質が求められてくるということですか。

町田:「自分が現役選手の時代だったのでわかるのですが、10~15年前は、大技が決まるか否か、ということに実況解説も注目していました。でも今は大技が決まるか否ではなく、そのクオリティはどうなのか。それくらい細やかな戦いになってきている。

それだけこの10年でフィギュアスケートの技術が進化したということですね。本当に私の時代から遠く考えられないような時代が来たなと思います」

写真:毎日新聞社/アフロ

――急速に進化しているわけですね。今年は本当に緊迫感もあり、ワクワク感もある大会になりそうですね。

町田:「グランプリファイナルは毎年興奮の一戦だし、シリーズ2戦の戦いを乗り越えて選ばれた選手が出てくるので、たとえ最下位でもすごいです。3回出場して2回最下位だった自分のことを擁護するわけではないですが(笑)。世界最高峰の6人だからどの演技も魅力的です。ですから、勝負の行方も気になるところではありますが、フィギュアスケートの作品としてどの演技も堪能していただきたいと思います」

※番組情報:『フィギュアスケートグランプリファイナル2023

◆地上波
12月8日(金)よる8:30~ 女子ショート
12月9日(土)よる8:00~ 男女フリー
12月10日(日)よる11:00~ エキシビション

◆CSテレ朝チャンネル
全競技・全選手・会場音のみで放送

◆テレ朝動画
グランプリシリーズ/ファイナル2023を有料LIVE配信!
本インタビュー映像を含む、町田樹氏のスペシャルトークを全6本配信中!
見逃し視聴、特典映像も!詳しくは、テレ朝動画HP

PICK UP