『アメトーーク!』1年ぶり名物企画開催!新たな“中学イケてない芸人”が続々参戦

公開: 更新: テレ朝POST

12月7日(木)のアメトーーク!では、1年ぶりとなる企画「中学イケてない芸人」が放送される。

前回からのメンバー・田中卓志(アンガールズ)、ユースケ(ダイアン)を筆頭に、稲田直樹(アインシュタイン)、井口浩之(ウエストランド)、関町知弘(ライス)、ZAZY、中野周平(蛙亭)、賀屋壮也(かが屋)、栗谷(カカロニ)ら新メンバーが続々参戦し、哀しき青春時代をプレーバックする。

次々に飛び出す切なくもおもしろいエピソードの数々に、2008年に第1回を放送したこの企画の発案者で今回はMC側ゲストとして登場した高橋茂雄(サバンナ)、“1軍”で青春時代を送っていた井桁弘恵、そして蛍原徹の反応は?

まずは、メンバーが当時のアダ名を発表。

驚きのアダ名が連続するなか、ごく普通の呼ばれ方をしていたという井口が「僕はイケてない感じじゃなかった」と言いはじめる。すると、ほかのメンバーは「そんなわけない!」とツッコミの嵐で…。

「イケてない学園生活!!」では、芸人たちがイケてないグループに属しながらも挽回を狙って密かに張り切った体育祭や、部活での地道な努力について大熱弁。

さらに、「ヤンキーが怖かった」というユースケが「実は空想の世界で対決していた」と言いはじめると、同じようにヤンキーにビビッていたメンバーの爆笑エピソードが連発する。

そんななか、栗谷は「1年に1回だけヤンキーにチヤホヤされる日があった」という。はたして、その貴重な1日とは?

また、モテるために「自転車をいかにかっこよくするか」に懸けていたというユースケの当時の自転車を再現。すると、それを見た井桁が…。

ほか、恒例の「あの頃の自分へメッセージ!!」では、芸人たちが今の自分から中学時代の自分へのメッセージを送る。

今や売れっ子芸人となったメンバーは、どんな思いをぶちまけるのか?

※番組情報:『アメトーーク!』「中学イケてない芸人」
2023年12月7日(木)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

※『アメトーーク!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

PICK UP