泉澤祐希、1月スタート『マルス-ゼロの革命-』に出演!高校生役に最初は「出来るのかな…」

公開: 更新: テレ朝POST

2024年1月期、道枝駿佑がゴールデン帯連続ドラマ初主演を務めるマルス-ゼロの革命-

脚本家・武藤将吾が3年ぶりに完全オリジナルで描く同作。道枝演じる謎多きカリスマ転校生《ゼロ》に導かれ、「マルス」という動画集団を結成し大人がつくった社会を壊していく落ちこぼれ高校生たちのメンバー、桐山球児役を泉澤祐希が演じることが発表された。

数々のNHK大河ドラマや連続テレビ小説、映画、そして現在放送中の話題作『いちばんすきな花』(CX)や坂元裕二脚本の最新作「クレイジークルーズ」などでその存在感を発揮してきた泉澤。今作では高校生役に挑む。

最初は「え、高校生の役?出来るのかな…」と思ったという泉澤だが、「若者たちの“俺たちの力で世界を変えるんだ!”という熱い思いが、脚本を読んだ時に伝わり、何か作品の力になれることがあればという気持ちで参加を決意しました」とオファーを受けた際の心境を明かす。

泉澤が演じる桐山“球児”は、野球部に所属。しかし野球のセンスはなく、球磨きばかりで後輩部員からもバカにされている。

そんな桐山を「下級生からのいびりもスルー出来る大人」と語る泉澤。心優しく、責任感の強い桐山を泉澤がどのように演じるのか、注目だ。

◆泉澤祐希(桐山球児・役)コメント

――『マルス』への出演オファーを受けた時の感想は? また、企画書や脚本を読んで、どのようなイメージを持ちましたか?

最初に「え、高校生の役?出来るのかな…」と思いました。ですが、若者たちの「俺たちの力で世界を変えるんだ!」という熱い思いが、脚本を読んだ時に伝わり、何か作品の力になれることがあればという気持ちで参加を決意しました。

――桐山球児という人物をどんな風に演じたい、と今イメージしていますか?

包み込むような優しさの中に強い光を持った青年にしていきたいと思っています。

球児はとても我慢強い人間。親からの期待や抱えている責任など、しっかり全うしようとする意思が伝わってきて、自分もどちらかといえば完璧主義というか、その辺は似てるのかなと思います。

一方で球児は下級生からのいびりもスルー出来る大人です。自分だったらと思うと…「お前ちょっと来い」って感じになってしまうと思います(笑)。

――今作の脚本を手掛けるのは『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』などで知られる武藤将吾さんですが、武藤さんの作品へのイメージや、今作で楽しみにしていること、期待していることがあれば教えてください。

社会派なメッセージ性の強い作品を手掛けているイメージがあります。今回の作品でも、いち学生が日本を、世界を変えようともがく作品になっています。

SNSや動画配信など近年身近な存在であるコンテンツを使って自分たちには何が出来るだろう、と自分の現状や壁を乗り越える様が、悩んでいる方々に刺されば良いなと思います。

※番組情報:2024年1月期 新番組『マルス-ゼロの革命-
2024年1月スタート!毎週火曜よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局

PICK UP