1月スタートのドラマ『マルス-ゼロの革命-』、井上祐貴が“お笑い担当”役に!

公開: 更新: テレ朝POST

2024年1月期、道枝駿佑がゴールデン帯連続ドラマ初主演を務めるマルス-ゼロの革命-

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が3年ぶりに完全オリジナルで描く同作。

道枝演じる謎多きカリスマ転校生《ゼロ》に導かれ「マルス」という動画集団を結成し、大人がつくった社会を壊していく落ちこぼれ高校生たちのメンバー、二瓶久高役を井上祐貴が演じることが発表された。

『大奥』(NHK)や『何曜日に生まれたの』(朝日放送テレビ・テレビ朝日系)で多くの注目を集め、現在放送中の大河ドラマ『どうする家康』(NHK)では本多正純を演じるなど、俳優としてのキャリアを着実に積み上げている井上。

そんな井上が今作で演じるのは、「マルス」のお笑い担当、二瓶久高(にへい・くだか)。おバカで能天気なお調子者、「ロックじゃねえ」が口癖の超ポジティブ思考なバンドマンだ。

演じる井上は久高のキャラクターを、「僕自身とはかけ離れた性格で、僕が今まで演じた役柄のイメージともガラッと違う」と分析。「画面に久高が映ったり言葉を発したりした時に時々クスッと笑っていただけるようなキャラクターになればいいなと思っています」と意気込みを語った。

◆井上祐貴(二瓶久高・役)コメント

――『マルス』への出演オファーを受けた時の感想は? また、企画書や脚本を読んで、どのようなイメージを持ちましたか?

とてもワクワクしました。どんな形で主人公が目的を果たしていくのか、そしてそれぞれのキャラクターの抱えているものが明確になった時にどうなるのか――楽しみです。

――二瓶久高という人物をどんな風に演じたい、と今イメージしていますか?

画面に久高が映ったり言葉を発したりした時に時々クスッと笑っていただけるようなキャラクターになればいいなと思っています。今のところ久高とは似ていない部分ばかりなので、これから少しずつ似ている点を見つけていくのが楽しみです。

僕自身とはかけ離れた性格で、僕が今まで演じた役柄のイメージともガラッと違いますが、二瓶久高として作品を思う存分彩っていけたらと思っています。

――今作の脚本を手掛けるのは『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』などで知られる武藤将吾さんですが、武藤さんの作品へのイメージや、今作で楽しみにしていること、期待していることがあれば教えてください。

武藤さんの作品はダイレクトに作品を通してのメッセージが伝わってくるというイメージがあります。このシーン、この話、このドラマで何を伝えたいのかを的確に読み取り表現していきたいと思っています。

――主演の道枝さんの印象は?

道枝さんとは初共演です、まだお会いしていませんが優しい雰囲気を持たれているイメージです。なので優しくされたいです。道枝さん含め初共演の方が多い現場なので、コミュニケーションを大切にしていきたいと思います。

※番組情報:2024年1月期 新番組『マルス-ゼロの革命-
2024年1月スタート!毎週火曜よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局

PICK UP