ヒコロヒー、ドラマ撮影現場で大物先輩の一言に衝撃!「頑張らなくていいのにって…」

公開: 更新: テレ朝POST

日向坂46齊藤京子とお笑い芸人・ヒコロヒーがトーン低めの“ヘンテコトーク”を繰り広げる番組キョコロヒー

11月20日(月)に放送された同番組では、齊藤の主演ドラマ『泥濘の食卓(ぬかるみのしょくたく)』にヒコロヒーが友情出演することが発表された。

◆「悪気ないねん」

ドラマ単独初主演となる齊藤が“パラサイト不倫”にハマる女性を演じているドラマ『泥濘の食卓』。同作でヒコロヒーは、齊藤扮する主人公の叔母という役どころで出演を果たした。

「2人の共演シーンもあるんですよね?」と番組スタッフが聞くと、齊藤は「ガッツリ絡みありました。台本3ページくらいヒコロヒーさんと私でしたよ」と明かし、ヒコロヒーも「もう掛け合いまくり」と撮影を振り返る。

ヒコロヒーが演じたキャラクターは、意外にも「原作で重要人物」とのこと。てっきり端役だと思っていたヒコロヒーは「びっくりした。聞いてた話と違う。キーマンみたいになってる」と、予想外の配役に驚いた様子だった。

そんなドラマの撮影現場では、芸能界の大先輩であるモト冬樹とも共演したという。

「私、はじめてだったのよ。レジェンドだからうれしくて」と喜んだヒコロヒー。しかし、「本当にあのままの方というか、はつらつとしている」と続け、モトの自由奔放ぶりに仰天した出来事について語った。

「『すごいよね。現場のみんな頑張っている』って言うから、『そうなんですね。モトさんが見てきた現場より頑張っていますか?』って聞いたら、『すごいよこの現場、熱量高くて。だってこんな大したことないシーン、頑張らなくていいのに』って…」

ヒコロヒーはこのエピソードについて「悪気ないねん」とフォローを入れるが、齊藤はまさかの発言に衝撃を受けたよう。

さらに撮影が終了した後、モトは「一緒に写真撮ろうよ」とヒコロヒーを誘い、一緒に記念撮影。すると…

「撮影したその日、モト冬樹さんがブログ更新していて、『ヒコロヒーちゃんとお仕事が一緒でした』って、思いっきり衣装やら髪型やらドラマのままの2人(の写真)」

情報解禁前にもかかわらずヒコロヒーとの共演を漏らしてしまったモトに、もはやお手上げ状態のヒコロヒー。「これも悪気ない。モト冬樹さんそのものが全部治外法権みたい」とコメントし、スタジオを笑わせていた。

そのほかこの日の番組では、世間の人に本当は言いたいけれど我慢しているセリフを言ってもらう「言ってみたいセリフ劇場」も放送。今回は整体師と不動産業者が登場し、仕事中に言ってみたい“妄想セリフ”を紹介している。

齊藤が嫌いな罰ゲーム、ヒコロヒーが内見中に出会った恐怖の物件について語る場面も注目だ。

キョコロヒー』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※齊藤京子主演ドラマ『泥濘の食卓』もTVerTELASA(テラサ)にて配信中

番組情報:『キョコロヒー
【毎週月曜】よる11:45~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

PICK UP