9mm Parabellum Bullet菅原が唸る“B’zのスゴさが分かる名曲”!「アコースティックもすごくいい」

テレ朝POST

今さら人に聞けないような“音楽の基本”から、制作の裏側や専門テクニックなど“マニアックな知識”までを掘り下げていく関ジャム 完全燃SHOW

8月20日(日)の同番組では、「プロが唸る!B’zのスゴさが分かる一曲」の未公開映像が放送された。

今年35周年を迎える国民的バンド・B’z。

スタジオには、ヨコタシンノスケ(キュウソネコカミ)、ホリエアツシ(ストレイテナー)と菅原卓郎9mm Parabellum Bullet)が登場し、B’zの名曲について熱いトークを繰り広げた。

菅原が選んだのは、「アコースティックでもB’zのグルーブが完成する一曲」。その曲とは、1995年発売の8thアルバム『LOOSE』に収録されている『BIG』だ。

菅原は「B’zは、エレクトロニクスなビートの上に松本さんのハードなギターと、稲葉さんのハードロッキングなボーカルが乗っているスタイルが印象的。でも、アコースティックもすごくいい」と熱弁する。

同曲について「大好き。めっちゃ聴いた」という関ジャニ∞・横山裕は、「歌詞の世界観もいい」と絶賛。

関ジャニ∞・大倉忠義も「フォーク時代の曲っぽく聴こえるけど、やっぱり稲葉さんが歌うとB’zになる」とすっかり魅了されていた。

一方、ホリエの選曲は疾走感があふれるB’zの代表曲『BLOWIN’』(1992)。

「低いトーンからハイトーンまで、あまり声の出し方を変えずに出るのがスゴい。また、カラオケで歌っても、どこで息を吸っているのかわからないような歌を歌いきっている。ライブだと、さらに動き回りながら発声の仕方も荒々しくなっているのもカッコいい」(ホリエ)

ボーカル・稲葉の歌唱力を存分に感じられるこの曲。関ジャニ∞・丸山隆平は「僕らが学生時代から聴いていた稲葉さんの声と全然変わらない。なんだったら伸びやかになっている」と、そのスゴさに舌を巻いた。

このほか、「音楽史に残る伝説ライブの名場面」も紹介。

さらに、フェス名シーン集&関ジャニ∞の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2023』初出演の裏側にも密着している。

※『関ジャム 完全燃SHOW』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
毎週日曜 午後11:00~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

 

PICK UP