今年61歳になったIKKO、コロナ禍で生き方に変化。「自粛期間がなかったら倒れていたかも」

テレ朝POST

7月20日(木)の徹子の部屋に、IKKOが登場する。

コロナ禍で還暦を迎え、今年61歳になったIKKO。

50代は着物で通したというが、今回は心機一転、IKKOいわく「可愛いエレガント」なスカートで登場する。

コロナ禍があったことで、生き方そのものが変わったというIKKO。

「あの自粛期間がなかったら倒れていたかもしれない…」と言うほど、当時多忙を極めていた。

自粛期間は自身の出演番組をすべてチェックするなど、相変わらずのストイックさはあるものの、ゆったりと過ごす時間に「60代からの生き方」を教えられているようだったと語る。

IKKOの人気に火がついたのは、かれこれ16年前。今も代名詞になっている「どんだけぇ~」の流行だ。

思わず口をついて出た“たった一言”が人生を大きく変えた。その「どんだけぇ~」誕生秘話とは?

そして今年88歳になる母への思いも語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年7月20日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

PICK UP