見取り図・リリーが絵本作家デビュー!“親子愛”をテーマにした感動の物語

公開: 更新: テレ朝POST

お笑いコンビ・見取り図(盛山晋太郎、リリー)の深夜バラエティー見取り図じゃん

同番組で始動したリリーによる“絵本プロジェクト”から誕生する絵本の出版が2023年9月下旬に決定した。

今年6月放送の回で、突然「絵本作家になる」と相方・盛山に宣言したリリー。

美大出身で美術の教員免許も持っているリリーは、盛山の心配をよそに「3カ月で絵本を出版する」という無謀な目標に向けて走り出す。

番組では、“先輩絵本作家”として『えんとつ町のプペル』などの大ヒット作を持つキングコング・西野亮廣のもとに2人が突撃。

西野から「自分が好きなコトを本気で描く」「誰に向けて描くのかが重要」などアドバイスを直接もらい、絵本づくりを進めてきた。

熟考の末、絵本のタイトルは『ももからうまれた おにたろう』に。

リリーの出身地・岡山を舞台にした「桃太郎」から着想を得たこの物語。母子家庭で3人きょうだいの次男として育った彼の生い立ち、相方・盛山とのコンビ関係、リリーの根底に常にある母親への想いなどを投影させた、“親子愛”がテーマの壮大かつ感動の桃太郎アナザーストーリーとなっている。

忙しい仕事の合間を縫って、着々と進む今回の絵本プロジェクト。果たしてどんなものが完成するのか?

※番組情報:『見取り図じゃん
毎週月曜日深夜1:56~放送、テレビ朝日(※一部地域を除く)

※『見取り図じゃん』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

PICK UP