川口春奈、ドラマ『ハヤブサ消防団』ヒロインに!主演・中村倫也とは15歳以来13年ぶり共演

公開: 更新: テレ朝POST

池井戸潤氏の新機軸ホラーミステリーを中村倫也主演で映像化する木曜ドラマハヤブサ消防団

本作で、物語の鍵を握るヒロインを川口春奈が演じることが決定。

川口は池井戸作品初出演、中村とは13年ぶりの共演となる。

◆長閑な集落に現れた映像ディレクター役

ハヤブサ消防団』は、山間の小さな集落を舞台に描く戦慄のホラーミステリー。

ストーリーは、スランプ気味の作家・三馬太郎(中村倫也)が亡き父の故郷“ハヤブサ地区”に移住するところから幕を開ける。

都会のストレスから解放され、穏やかな生活をスタートしたはずの太郎だったが、地元の消防団に加入したのを機に連続放火騒動に巻き込まれ、住民の不審死など怪事件にも遭遇。ハヤブサ地区を守るべく真相を追ううち、集落の奥底にうごめく巨大な陰謀に突き当たって…。

これまでの池井戸作品とは一線を画す本作で川口が演じるのは、太郎と同様、東京からハヤブサ地区に移り住んだ美貌の映像ディレクター・立木彩(たちき・あや)。

ひと目見るなり太郎にとって気になる存在になるが、実は彼女には集落の闇につながる衝撃の過去がある。太郎の心、そしてストーリーを静かにかき乱していく“疑惑のヒロイン”だ。

2022年は、映画『極主夫道 ザ・シネマ』でコメディエンヌぶりを発揮したほか、主演ドラマ『silent』(フジテレビ系)で社会現象を巻き起こすほど大きな輝きを放った川口。本作では、闇を抱えるミステリアスな存在としてホラーな作品世界に降り立ち、また新たな境地へと踏み出す。

長崎・五島育ちの川口は、「私も田舎町の出身ですが、田舎特有の人づきあいや事件が起きたときのハラハラ感が濃く描かれていて、“こういうこと、あるある!”と感じますし、穏やかな田園風景の中で奇妙な事件が起きたときの“違和感”にはゾクッとさせられます」と、スリリングな物語にすっかり没入。

「脚本を読んでいるだけでおもしろいので、映像としてどんな世界観を描き出していけるのか、楽しみにしています」と大いに意気込んでいる。

◆13年ぶり、中村倫也との豪華共演が実現

主演の中村とは、自身が15歳のときに出演した『ヤンキー君とメガネちゃん』(2010年/TBS)以来13年ぶりの共演。

「中村さんは掴めそうで掴めないミステリアスな魅力をもつ、素晴らしい役者さん。今回がっつりお芝居させていただくのが、とても楽しみです」と久々の再会に瞳を輝かせる。

中村もまた、「川口さんには人に対して構えたりしない印象があり、いい意味でムダな緊張感のない楽しい現場になったらいいなと思っています。その上でやるべきことを一緒に積み上げていきたいですね」と、川口と手を携えて現場づくりに励むことを誓っている。

「田舎町で生まれ育った私にとって、自然あふれる山里はホッとひと息つける世界。緑豊かな場所での撮影に今、すごくワクワクしています!」と笑顔で語る川口。大自然のパワーを得て、彼女が新たな魅力を解き放つ『ハヤブサ消防団』は7月スタートだ。

◆川口春奈(立木彩・役)コメント(全文)

――オファーを受けたときのお気持ちを教えてください

池井戸先生の作品に初めて出演させていただくことになり、とてもうれしく思っています。

この『ハヤブサ消防団』は、不気味なムードが漂うミステリー要素の強い作品。私も田舎町の出身ですが、田舎特有の人づきあいや事件が起きたときのハラハラ感が濃く描かれていて、「こういうこと、あるある!」と感じますし、穏やかな田園風景の中で奇妙な事件が起きたときの“違和感”にはゾクッとさせられます。

また、幼いころ、父が仕事のかたわら消防団として活動していた記憶もあって、そういうところでも作品に親しみを感じています。

脚本を読んでいるだけでおもしろいので、映像としてどんな世界観を描き出していけるのか、楽しみにしています。

――ご自身の役柄・立木彩はどのようなキャラクターですか?

私が演じる彩は、謎のベールに包まれたミステリアスな女性で、物語の鍵を握るキーパーソンでもあります。

回を追うごとに彩自身の過去も描かれていきますが、なぜ彼女がハヤブサに来たのか、パーソナルな部分が明かされていく過程を私自身、すごく興味深く見つめています。

中村倫也さん演じる太郎をはじめ、ハヤブサの人々と彩がどんな関係性を築いていくのかも楽しみにしています。

――中村倫也さんとは13年ぶりの共演ですが、印象を教えてください

以前、共演させていただいたとき、私はまだ15歳でした。

学園ドラマだったので現場はわちゃわちゃしていましたが、中村さんはちょっと年上のお兄さんで、当時から“大人の俳優さんだなぁ”という印象を持っていました。

掴めそうで掴めないミステリアスな魅力をもつ素晴らしい役者さんだと思いますので、今回がっつりお芝居させていただくのが、とても楽しみです。

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

田舎町で生まれ育った私にとって、自然あふれる山里はホッとひと息つける世界。緑豊かな場所での撮影に今、すごくワクワクしています!

中村さんと一緒に、楽しみながらいい作品を作っていけたら…。

田舎特有の風景の中で起きる不穏な事件の真相はもちろん、謎を追ううち、太郎と彩の関係がどうなっていくのか、ぜひ注目してご覧ください!

◆中村倫也(三馬太郎・役)コメント(全文)

――ヒロイン・立木彩を演じる川口春奈さんの印象を教えてください

川口さんとは彼女が15歳のときにご一緒して以来、13年ぶりの共演です。

いまや押しも押されもせぬ女優さんとして多方面で大活躍されているので、今回、久々にご一緒できるのを楽しみにしています。

川口さんには人に対して構えたりしない印象があり、僕自身もラフなタイプの人間なので、いい意味でムダな緊張感のない楽しい現場になったらいいなと思っています。

その上でやるべきことを一緒に積み上げていきたいですね。

――“座長”として、あらためて今作への意気込みを教えてください!

僕が演じる三馬太郎は、騒動に巻き込まれることで能動的な人間へと変わっていくキャラクター。

川口さん演じる彩をはじめ、太郎のまわりの人々がそれぞれ好き勝手に動けば動くほど、おもしろい作品になると考えています。

みなさんの濃密なお芝居を受け止めるのを楽しみにしています!

※番組情報:木曜ドラマ『ハヤブサ消防団
2023年7月スタート!【毎週木曜】午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

PICK UP