ヒコロヒー、アニマル浜口に痛烈説教!娘・浜口京子は涙…「何喋ってんねん」

公開: 更新: テレ朝POST

日向坂46齊藤京子とお笑い芸人・ヒコロヒーがトーン低めの“ヘンテコトーク”を繰り広げる番組キョコロヒー

5月22日(月)の同番組には浜口京子がゲスト出演。浜口のような心優しい人を目指す修行企画が放送された。

アニマル浜口の謎行動に嘆き

浜口と父・アニマル浜口、親子の思い出をVTRで追体験するコーナーをお届け。1992年、プロレス番組『ワールドプロレスリング』に親子出演したときの映像を3人で振り返った。

「浜口親娘の3分間健康体操」というVTRの中で、当時14歳の浜口は父に言われるがままひたすらトレーニング。コーナーの最後には、親子で買い物したり、食事を楽しむ姿が収められていた。

そんな親子団らんの最中、14歳の浜口の目から突然涙が…。普段なかなか話せない父と番組の中で会話ができ、涙が出るほどうれしかったそう。

しかし、そんなけなげな京子に対し、アニマルは「お前の若さをくれよ。俺の渋みをお前にやるから」と謎の提案。さらに「お茶って知ってる?」と、まったく関係ない話題について熱く語り出した。

VTRを見たヒコロヒーはこれに怒り出し、「意味わからへん。ちゃんともっと喋れ、家の中で。泣かすな娘!」とアニマルに痛烈説教。数少ない親子の会話だからこそ、「もうちょっと興味ある話してあげて」「何喋ってんねん」と浜口の気持ちを思いやった。

父・アニマルとは仲がいい浜口だが、ヒコロヒーのこの言葉には共感したようで、「今(VTRを)観たらヒコロヒーさんの気持ちと一緒」と、父の意味不明な行動を嘆いていた。

一方、ともに「京子」という名前をもつ齊藤と浜口は、お互いの命名の由来を告白する。正反対な2人だが、意外な共通点が浮かび上がり…。

キョコロヒー』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※2時間半の『生キョコロヒー』が満喫できるアーカイブ配信チケットは5月30日まで期間延長。配信限定アフタートークも要チェック!(詳しくはこちら
生キョコグッズもテレアサショップオンラインで販売中!

番組情報:『キョコロヒー
【毎週月曜】よる11:45~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

PICK UP