神田伯山、襲名後にあわや“離婚の危機”。コロナ禍の自粛期間のおかげで危機を回避

公開: 更新: テレ朝POST

5月25日(木)の徹子の部屋に、神田伯山が登場する。

独演会のチケットはほぼ即日完売、「日本一切符がとれない講談師」と呼ばれる伯山。

今回はスタジオに用意した高座で、特別に講談を一席披露する。

話のネタは「コロナ禍から最近の徹子さん」について。勢いとリズム感あふれる講談に黒柳徹子も大喜びだ。

伯山は今回で2度目の登場。前回は襲名前、まだ「神田松之丞」を名乗っていた頃だった。

襲名したのは2020年2月。まさにその直後、コロナ禍に突入した。

お祝いムードのなかで大変だったと思いきや、実はその後の自粛期間があったことで、期せずして「離婚の危機」を免れたという。

現在39歳で、4歳の子の父でもある。

子育ての一番大変な時期に多忙を極め、家庭を顧みなかったことに不満を溜めていた妻が、最近発したある一言に仰天したという。その一言とは?

※番組情報:『徹子の部屋
2023年5月25日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

PICK UP