橋本マナミ、“手ぬぐい一枚”のグラビアで突然ブレイク。14年の売れない日々に「もう後がない!」

公開: 更新: テレ朝POST

5月19日(金)の徹子の部屋に、橋本マナミが登場する。

13歳で受けた国民的美少女コンテストがきっかけで芸能界入りした橋本。

故郷山形から高校2年生で上京するもまったく仕事がなかったという。

数少ないドラマ出演で刺激を受け、日舞や着付け、エッセイ教室などさまざまな勉強を続けたが、気が付けば14年も売れない日々。

自分の環境を変えるため事務所を移籍し、最初に来たグラビアの仕事は「衣装は手ぬぐい一枚」というもの。

奇抜な依頼ではあったが「もう後がない!」と全力で取り組んだところ、それが注目され“愛人キャラ”の女優としてバラエティにも出演するようになった。

突然のブレイクに心配していた故郷の両親も喜んでくれた。

あくまでも愛人は「キャラ」なので、自分の地味な性格を知っている両親は一度も仕事をやめなさいと言ったことはなかったそう。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年5月19日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

PICK UP