霜降り・せいや、現場で感じる爆笑問題のすごさ「このキャリアでスベれるって…」

公開: 更新: テレ朝POST

爆笑問題太田光田中裕二)&実力パネラーが芸能人のマイルールやこだわり、ルーティンにまつわるクイズに挑戦し、司会の神田伯山がジャッジする爆問×伯山の刺さルール!

5月2日(火)放送の同番組では、霜降り明星せいやが「芸人目線で爆笑問題のすごさ」を語った。

◆爆笑問題は「一緒に戦ってくれる」

上京してからこれまでほとんどの期間、爆笑問題とレギュラー番組で共演しているというせいや。

爆笑問題がほかのコンビと違うのはスカさない」と、彼らのすごさを語り出した。

芸人用語で「スカす」とは、芸人がボケたときなどに「それおもしろくないな」と少しひねたリアクションすること。爆笑問題の2人は、そういったリアクションをすることが一切ないという。

「これすごいんですよ。なぜなら、もうその位置にいないのに、わざわざ僕らの若手の目線まで降りてきて(くれる)。太田さんめっちゃスベったりするでしょ? 一見『太田アホやな』『おもしろくないな』と思う人いるかもしれないけど、逆なんです。このキャリアでスベられるってすごい。これは“スベってくれる”ということ」

太田が現場で思いっきりスベることで、若手の芸人たちも臆せずボケられるという。「若手のためにスベれる。そして現場のために自分のプライドを感じさせない挑戦者の笑いをしているんですよ。だから後輩はみんな爆笑さん好きだし、僕は明日爆笑さんと同じ現場っていう前の晩はメッチャワクワクするんですよ。なぜなら、一緒に戦ってくれるから」と力説した。

さらにせいやは、太田の陰に隠れがちな田中のすごさについても解説。

「太田さんがメチャクチャやりがちに見えていますけど、田中さんがうまく制する。遊ばせる。田中さんが笑う。コンビで収まりがいいから見てられるんですよ」と説明し、「ドラえもんとのび太、トムとジェリーみたいな、人間が好む爆笑問題っていうのは完成されたコンビ象なんです」とコンビバランスのよさを絶賛した。

このプレゼンを受けて、太田は「うれしいんですけど、わざとスベっているわけではありません」と反論しながら、照れ笑いを浮かべた。

この日の番組では、レギュラー陣が「これ知らないの人生損してる!」と思うものをプレゼンする特別企画を放送。

これからの芸人界を席巻する新軍団や人気マンガ『美味しんぼ』の第1巻、1979年の紅白、黒澤映画まで…爆笑問題&ニューヨーク嶋佐&せいや&ヒコロヒーが熱く語っている。

※『爆問×伯山の刺さルール!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※動画配信プラットフォーム「テラサ」では過去回も含めて配信中!
番組情報:『爆問×伯山の刺さルール!
【毎週火曜】深夜0:15~0:45、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

PICK UP