メインはIWGP世界ヘビー戦!新王者・SANADA、初防衛戦で古巣L・I・Jの高橋ヒロムと一騎打ち

公開: 更新: テレ朝POST

5月3日(水・祝)、新日本プロレスの『レスリングどんたく 2023』シリーズ最終戦が福岡・福岡国際センターで開催。

メインイベントとなる第9試合では、IWGP世界ヘビー級王者のSANADAが、初防衛戦として高橋ヒロムを迎撃する。

『NEW JAPAN CUP 2023』優勝者であるSANADAは、4.8両国でオカダ・カズチカのIWGP世界ヘビー級王座に挑戦。大接戦の末、最後はオカダのレインメーカーをデッドフォールで切り返し、悲願の同王座初戴冠を達成。戦前の公言どおり、新日本に“新しい景色”をもたらした。

その直後、SANADAの古巣であるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの高橋ヒロムがリングに登場し、「SANADAさん、『NEW JAPAN CUP』優勝、そして、IWGP世界ヘビー級王座奪取、ほんとにおめでとうございます。L・I・Jを抜けて、正解だったと証明しましたね。さっそくですけど、そのIWGP世界ヘビー級王座、俺に挑戦させてくださいよ」と、次期挑戦を表明。4.8両国でロビー・イーグルスの挑戦を退け、IWGPジュニアヘビー級王座を死守したヒロムが、階級を超えた王者対決を提案した。

これに対し、SANADAは「ヒロムさん、いいですけど、その前にやるべき相手がいるんじゃないですか?」と返答。それを受けて、Just 5 Guysの仲間である金丸義信が「SANADAに挑戦する前に、俺がそのジュニアのベルト、挑戦してやるよ。オマエに決定権はない」と、IWGPジュニアヘビー挑戦をアピールした。

するとヒロムは「SANADAさんとやる前に、金丸さんがこのベルトに挑戦する? そんなのただのご褒美じゃねえか! やってやるよ、金丸さん! ありがとうな。IWGPジュニアのベルトを巻いたまま、IWGP世界ヘビー級王座を獲る夢を、叶えに行こうか。SANADA、L・I・Jが俺色に染まる瞬間を見ていてください!」と、力強く吠えた。

※4.27広島で4度目の王座防衛を果たした高橋ヒロム

この流れを受け、ヒロムは4.27広島でIWGPジュニアヘビー級王座を懸けた4度目の防衛戦で金丸義信を迎撃。

両者は激闘を繰り広げ、最後はヒロムがTIME BOMB 1.5、ヒロムちゃんボンバー、TIME BOMB IIとたたみかけて金丸を撃沈し、見事に王座防衛。SANADAとのIWGP世界ヘビー級王座戦に向けて弾みをつけた。

そのヒロムは、4.8両国のバックステージで「SANADAさんがL・I・Jを抜けたこと、正直俺は心にきたよ。でもさ、何か気持ちわからなくもないなって。L・I・J、居心地良すぎるよね」と理解を示す。

それとともに、「でもさ、オレ、L・I・Jに入った理由があるんだよ。俺は内藤哲也とシングルをやるためにL・I・Jに入った。もう、そろそろじゃないの?」と、3年前に一度決定するもコロナ禍で流れた“師弟対決”について言及した。

続けてヒロムは「ただただ、IWGP世界ヘビー級のベルトをほしいだけじゃない。俺は夢を叶えることだけじゃないんだ。みんな、もう我慢の限界でしょ。コロナ、終わらせようよ。内藤さん、アップはじめてください」と目を輝かせる。

「ジュニア夢の祭典」実現に留まらず、大きな話題を提供し続けるヒロムが、ヘビー&ジュニア同時戴冠の偉業を成し遂げるか? それとも一躍、新日本マットの中心に躍り出たSANADAが、かつての仲間を返り討ちにするか?

◆豪華5大タイトルマッチがラインナップ!

豪華5大タイトルマッチがラインナップされた今大会。

セミファイナル(第8試合)はNEVER無差別級選手権試合で、王者のタマ・トンガにデビッド・フィンレーが挑戦。第7試合はNEVER無差別級6人タッグ選手権試合が開催され、王者の鈴木みのる&エル・デスペラード&成田蓮組に、オカダ・カズチカ&石井智宏&棚橋弘至組が挑むことに。

第6試合はNJPW WORLD認定TV選手権となり、王者のザック・セイバーJr.と、挑戦者のジェフ・コブが注目の一騎打ちで激突。第5試合はSTRONG無差別級選手権として、王者・KENTAと挑戦者・ヒクレオの危険な匂いが漂う遺恨タイトルマッチが実現する。

第4試合は内藤哲也&鷹木信悟&BUSHIとタイチ&金丸義信&DOUKIが対決。第3試合は海野翔太とKUSHIDA&ケビン・ナイトのトリオが、アーロン・ヘナーレ&TJP&フランシスコ・アキラと対峙する。

第2試合はマイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト&藤田晃生とマーク・デイビス&カイル・フレッチャー&グレート-O-カーンによる6人タッグ。第1試合は後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&矢野通&YOHとEVIL&高橋裕二郎&SHO&ディック東郷が8人タッグで対戦する。

そして本戦開始に先駆けた第0試合では、「CSテレ朝チャンネル Presents ヤングライオン THREE CONSECUTIVE BATTLE」を開催。大岩陵平が、中島佑斗、オスカー・ロイベ、ボルチン・オレッグの3選手とそれぞれシングルマッチで闘い、3連勝した場合はNJPW WORLD認定TV選手権王座への挑戦権が与えられる。

そのほか、今大会では次期シリーズ『BEST OF THE SUPER Jr.30』の対戦カード発表も予定されている。

◆対戦カード

・第0試合 CSテレ朝チャンネル Presents ヤングライオン THREE CONSECUTIVE BATTLE
大岩陵平 vs. 中島佑斗、オスカー・ロイベ、ボルチン・オレッグ
※大岩選手が3選手と連戦を行う。試合順は当日発表。大岩選手が、3選手とそれぞれシングルマッチで5分1本勝負で闘い、3連勝した場合はNJPW WORLD認定TV王座への挑戦権、ならびにCSテレ朝チャンネルより、焼肉券20万円分が与えられる(1勝の場合は1万円分、2勝の場合は5万円分が与えられる)。
・第1試合
後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&矢野通&YOH vs. “キング・オブ・ダークネス”EVIL&高橋裕二郎&SHO&ディック東郷
・第2試合
マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト&藤田晃生 vs. マーク・デイビス&カイル・フレッチャー&グレート-O-カーン
・第3試合
海野翔太&KUSHIDA&ケビン・ナイト vs. アーロン・ヘナーレ&TJP&フランシスコ・アキラ
・第4試合
タイチ&金丸義信&DOUKI vs. 内藤哲也&鷹木信悟&BUSHI
・第5試合 STRONG無差別級選手権試合
ヒクレオ(挑戦者) vs. KENTA(王者)
・第6試合 NJPW WORLD認定TV選手権試合
ザック・セイバーJr.(王者) vs. ジェフ・コブ(挑戦者)
・第7試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合
鈴木みのる&エル・デスペラード&成田蓮(王者) vs. オカダ・カズチカ&棚橋弘至&石井智宏(挑戦者)
・第8試合 NEVER無差別級選手権試合
タマ・トンガ(王者) vs. デビッド・フィンレー(挑戦者)
・第9試合 IWGP世界ヘビー級選手権試合
SANADA(王者) vs. 高橋ヒロム(挑戦者)

※大会情報:『レスリングどんたく 2023』
2023年5月3日(水・祝)午後4:30開場 午後6:00試合開始
福岡・福岡国際センター
チケット購入はこちら

※放送情報:『ワールドプロレスリングLIVE2023 レスリングどんたく2023
2023年5月3日(水・祝)午後5:15~、CSテレ朝チャンネル2

◆公式動画配信サービス「新日本プロレスワールド
2023年5月3日(水・祝)午後6:00~

PICK UP