10年かけて架空の駅を1万個考案!路線図、駅デザイン、名産品…壮大な架空世界をつくった男

公開: 更新: テレ朝POST

5月1日(月)放送の『激レアさんを連れてきた。』は、増田貴久NEWS)と福田麻貴3時のヒロイン)をゲストに迎え、「10年間誰かに言うこともなく、人知れずこの世に存在しない架空の駅を1万個以上考えている人」を紹介する。

コタさんは、架空の県に架空の路線、そして無数の架空の駅を考え、地図や路線図を手書きで作成している激レアさん。

驚くべきことに、その事実を最近まで家族以外には言っていなかったという。なぜコタさんは架空の駅を考え、描くようになったのだろうか?

幼少期から電車が好きで、車両より駅や路線図が大好きだったコタさん。どれくらい好きだったかというと、路線図帳を読みまくって約4500駅をほぼ暗記するほど。

そんなコタさんは、小学4年生になる頃には路線図帳を読みこみすぎて新規の駅がなくなり、ワクワクできない状況に。そこで、「自分で架空の駅を考えれば無限にワクワクできるじゃん」と考える。

ここから、コタさんの無限に広がる架空の駅の空想世界の入り口を覗き見ることになるが、特急、急行が止まる駅、架空の時刻表、駅のデザイン、挙句には1日の利用者数、架空の駅スタンプまで!?

やがて、この架空趣味を人生ではじめてSNSに公開したところ、まさかの大バズリ。予想外のうれしい出来事が起こる。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2023年5月1日(月)午後11:15~11:45、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)

『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

PICK UP