『緊急特報!侍ジャパンWBC世界一の熱狂!』放送決定!今だから話せる侍ジャパンの真実

公開: 更新: テレ朝POST

3月8日に開幕し、日本が優勝を飾った野球世界一決定戦「2023 ワールドベースボールクラシック」(以下、WBC)。

このたびテレビ朝日では、『緊急特報!侍ジャパンWBC世界一の熱狂!』と題して、栗山英樹監督らを招き、侍ジャパンの活躍や知られざる秘話満載の緊急特別番組を5月7日(日)に放送する。

6年ぶりに開催され、連日、各国の熱い戦いが繰り広げられたWBC。

とくに1次ラウンドから無敗で勝ち進み、準決勝(vsメキシコ)、決勝(vsアメリカ)での大接戦、第2回大会(2009年)以来となる3度目の優勝を手にし、勇気と感動を与えた侍ジャパンの雄姿は、世界中の人々の記憶に焼き付いていることだろう。

視聴率においても決勝(3月22日・テレビ朝日系列)は、なんと個人全体視聴率24.3パーセント・世帯視聴率42.4パーセント(8:25~12:08平均・関東地区)という高視聴率を獲得。

全国推計視聴人数は日本全国で約5463.9万人(到達人数・ビデオリサーチ社のデータ〈全国32地区視聴率・到達率〉をもとにテレビ朝日集計)という数字から、WBCがどれほど注目を集めたかは一目瞭然だ。

◆今だから話せる合宿~強化試合~決勝までの知られざる真実

番組では、2月に始まった合宿~強化試合、開幕戦~決勝戦までの侍ジャパン全7試合を取り上げる。

宮崎キャンプから献身的にチームを支えたダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)、WBCデビュー戦となったチェコ戦(3月11日)で最速164キロの剛速球を投げ込んだ佐々木朗希(千葉ロッテマリーンズ)、準決勝メキシコ戦で復活のサヨナラ打を見せた村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)、ペッパーミルパフォーマンスでも大きな話題となったラーズ・ヌートバー(セントルイス・カージナルス)の活躍。

さらに、起死回生弾を放った吉田正尚(ボストン・レッドソックス)、そして強化試合から決勝まで常にチームを鼓舞し、自らも大活躍を見せた大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)、クライマックスのマイク・トラウトとの一投一打も徹底解剖する。

侍ジャパンWBC全7試合、全プロセスの貴重映像を栗山英樹監督とともに振り返り、まだ語られていない真実を伝える。

◆代表選手や関係者への独自インタビューで明かされる秘話

さまざまな名場面の裏で起きていた真実を代表選手やスタッフ、関係者へのインタビュー&貴重映像をもとに徹底的に掘り下げていく。

栗山監督が語る、ベンチでの選手との会話、準決勝で復活を果たした村上と、その村上とともに決勝でホームランを放った岡本和真との関係など、これまで語られることのなかった秘話も明かされる。

さらには、栗山監督が侍ジャパンを招集した際に選手やスタッフに送った直筆の手紙も公開! 手紙がもたらした“奇跡”とは?

※番組情報:『緊急特報!侍ジャパンWBC世界一の熱狂!』
2023年5月7日(日)よる7:00~、テレビ朝日

PICK UP