侍ジャパン・栗山監督が驚いた吉田正尚の“不動心”「微動だにしない。こんな人初めて見た」

公開: 更新: テレ朝POST

4月2日深夜放送のGET SPORTSでは、侍ジャパン・栗山英樹監督がゲスト出演し、番組ナビゲーターの南原清隆と対談。WBC世界一の舞台裏を語った。

テレ朝POSTでは対談の模様を全6回に分けてお届け。4回目は栗山監督が驚いた「吉田正尚の不動心」に迫る。

◆「こんな人初めて見た」

チーム一丸となって準々決勝を勝利し、アメリカ行きの切符を手にした日本。準決勝のメキシコ戦は、球史に残る死闘となった。

先発を託したのは佐々木朗希。0対0の4回に痛恨の3ランホームランを浴び、大きなリードを許す展開となる。

南原:「リードされてベンチの空気はどうでした?」

栗山:「みんな思っていた通りじゃないですか。メキシコの勢いや打線のよさはすごく感じていたので、やっぱりこんな感じかという。完全に向こうのペースなので、ヤバいというよりもここで止めなきゃ、という感じでしたね。

でも『絶対に何とかなると思っていよう』と、試合前に言い聞かせていました。どんな展開でも最後は絶対に何とかなると思っていないと、こちらがバタつくので」

南原:「負けている展開でも考えていました?」

栗山:「そうです。負けていても『大丈夫、大丈夫。必ず何か起こる』と思うようにしていました。いい当たりがみんなレフトの守備位置にいったり、ランナーが出ても入りきらなかったりしたけど、慌てるな、慌てるなと思っていましたね」

準決勝、反撃ののろしは7回。準々決勝から4番に座る吉田が、意地の同点3ランホームランを放った。

栗山:「あのチェンジアップをあそこに放りこめる、やっぱり吉田正尚のすごさには本当にびっくりしました。嬉しかったです」

南原:「吉田選手とは大会期間中お話とかはされたんですか?」

栗山:「いろいろしましたね、正尚とは。心もすごいし、技術論もやることなすこと全部計算できているし、すごいです」

南原:「『WBCは大きな夢なんですよ』って参加してもらいましたもんね」

栗山:「心が動かないですね。翔平がどでかいホームラン打ったりするじゃないですか、練習でも試合でも、例えばオーストラリア戦でも。みんなももう『わー!』ってなるわけです、ベンチの中は。でも正尚は微動だにしないですよ。反応すらしないです。そこにみんなびっくりしました

南原:「リアクションしないということですよね? 何が起きても」

栗山:「動じないのか、リアクションしないのか、一切関係ないのかわからないですよ。すごいです、僕こんな人初めて見たんです。全然知らん顔というか、『なるほど、オッケー』って。だから自分がやることしかやらないし、自分の心が変なことで動かされもしない。変な話、コーチ陣は吉田のホームランじゃなくて『微動だにしない』ことに驚いていたぐらいです」

南原:「結果はどうあれ、全部受け止めて次の準備に入るということですか?」

栗山:「いい意味で言うと、本当に自分の歩く道だけをしっかり見て周りに一切とらわれないということなんでしょうね。すごい人ってそうじゃないですか。そういう姿を若い選手に見せてくれたかなと思いますね」

栗山英樹監督×南原清隆対談、次回は「準決勝・メキシコ戦で光った栗山采配」に迫る。

番組情報:『GET SPORTS
毎週日曜 深夜1:25より放送中、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

『栗山英樹×南原清隆~WBC世界一の舞台裏~ノーカット完全版』はABEMAで配信中!

PICK UP