坂本花織、りくりゅう、10年ぶり出場の髙橋大輔も…日本代表が3大会ぶりの世界一奪還へ<国別対抗戦・見どころ>

公開: 更新: テレ朝POST

4月13日(木)、世界フィギュアスケート国別対抗戦2023が開幕する。

世界上位6カ国が出場し、「男子シングル」「女子シングル」「ペア」「アイスダンス」の4種目総合成績で世界一の称号を競う団体戦最大の大会。

日本をはじめ、アメリカ、カナダ、韓国、イタリア、フランスが出場し、“国の威信をかけたチーム戦”を展開する。

今シーズン最後の大舞台で、日本代表チームは一丸となって日の丸を背負い、“3大会ぶりの世界一奪還”を目指す。

◆最強メンバーが王座奪還に挑む!

大会1日目は「男女ショート」と「アイスダンスリズムダンス」。

女子ショートには先日開催された「世界フィギュアスケート選手権2023」で“日本女子初の連覇”を成し遂げた坂本花織が登場する。

日本のエースとして期待される一方、今回はチームのキャプテンにも任命されており、持ち前の明るさを生かして応援席でも活躍が期待される。

また、同じく女子シングルに出場する三原舞依にも注目。坂本と同じリンクで練習し、公私ともに親しい三原だが、体調不良により長期間の欠場を経験したこともあった。

そんな彼女が昨年、世界を驚かせることに。好調なシーズンを送ると、年末の「グランプリファイナル2022」では初出場・初優勝を果たし、「くじけないシンデレラ」として喝采を浴びた。

ファンや盟友の応援を受けながら、さらなる高みを目指す三原が坂本とともに日本を引っ張る。

◆男子ショートは激戦必至!日米の頂上対決

男子シングルでいまもっとも注目を集める18歳、アメリカ代表のイリア・マリニン。世界選手権で4回転アクセルを成功させ“4回転の神”と呼ばれるほどの注目選手だ。

そんなマリニンに対し、日の丸を背負う重責を担うのが友野一希と佐藤駿。友野は、先日の世界選手権で自己ベストを記録するなど現在上り調子。「限界突破」を自らの目標に掲げながら「チームが勢いづくような演技ができれば」と意気込む、“浪速のエンターテイナー”友野の持ち味である躍動感あふれる演技に注目だ。

さらに、宇野昌磨欠場に伴い出場が決まった佐藤駿は、難度の高い4回転ジャンプを正確に跳ぶ19歳。マリニンとはこれまでも多くの大会で対峙してきた。アメリカの天才に負けぬ演技にも期待だ。

◆髙橋大輔が10年ぶり国別対抗戦に出場!

アイスダンスにはこちらも世界選手権で自己ベストを記録し、日本勢過去最高に並ぶ順位を獲得した村元哉中/髙橋大輔組が出場。

日本代表発表会見で髙橋は最大のライバルにアメリカを挙げ、「アメリカ勢のチカラはやっぱり“トータル”ですよね。全カテゴリに強いのが一番のチカラかなと思います」と警戒しつつも、「もちろん僕もアイスダンスを全力で頑張りますが、チームニッポンもチャンピオンが揃っているメンバーなので、普通にいけば完全に勝てると思っています」と自信を覗かせる。

また、大会2日目の4月14日(金)からはペアが始まる。

四大陸、グランプリファイナル、世界選手権を制し、日本勢初となる快挙「シーズングランドスラム」を達成した三浦璃来木原龍一ペアが出場。

今大会では「ショートで80点超え、フリーで145点」という高い目標を設定している2人が、シーズンを締めくくる最後のタイトル獲得を目指す。

※番組情報:『世界フィギュアスケート国別対抗戦2023
4月13日(木)よる6:30~(※一部地域を除く)「男女ショート・アイスダンスリズム」
4月14日(金)よる8:00~「女子フリー・アイスダンスフリー・ペアショート」
4月15日(土)よる6:30~「男女フリー・ペアフリー」
4月16日(日)よる10:00~「エキシビション」

PICK UP