島田洋七、妻とは駆け落ち同然で上京。夫婦で“がばいばあちゃん”との思い出の地に移住し22年

公開: 更新: テレ朝POST

3月10日(金)の徹子の部屋に、島田洋七が登場する。

漫才コンビ・B&Bで80年代の漫才ブームを牽引した島田。

小学生のときに佐賀に住む祖母の元へ預けられ、そのときの祖母との生活を書いた『佐賀のがばいばあちゃん』はベストセラーになった。

その思い出の地である佐賀県に夫婦で移住して22年。最近は愛犬との散歩が日課になり、8キロの減量に成功したという。

祖母の家を真似して建てた日本家屋には、かまどや囲炉裏もあり昔のことを思い出すそう。

あらためて祖母・がばいばあちゃんとの思い出についても聞く。

2023年、結婚生活53年になる島田は、妻とは駆け落ち同然で佐賀から上京。その後は大阪で漫才師に。

浮き沈みのあったこれまでの芸人生活を支えた妻に感謝の思いを語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年3月10日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

PICK UP