三笘薫「気に入ってます」所属チーム地元に響くチャント!SNSの“花屋”投稿は「あんなに反響あるとは…」

公開: 更新: テレ朝POST

2022年に行われた「FIFAワールドカップカタール2022」で日本中のサポーターを熱狂させ、ワールドカップ後もその勢いのままリーグ戦で大活躍を続ける三笘薫選手。

所属するプレミアリーグのチーム「ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン」では左ウイングとしてスタメンに定着し、今季はカップ戦も含めた公式戦で8ゴールを記録。

また、3月4日(土)に行われたプレミアリーグ第26節ウエストハム戦でもゴールを決め、これでプレミアリーグ6ゴール目。香川真司選手、岡崎慎司選手がもつ同リーグにおける日本人シーズン最多得点記録に並んだ。

3月5日(日)に放送された番組『スポーツ記者団 こぼれ話』では、ヴァンフォーレ甲府やドイツでプレーした元プロサッカー選手であり三笘選手の大学の先輩でもあるテレビ朝日・富岡英聖記者が三笘選手取材の“こぼれ話”を紹介。

日本のファンを驚かせた“SNS投稿”についても本人を直撃している。

◆自身の応援歌は「気に入ってます」

絶好調の三笘選手は現在、ブライトンの地元で絶大な人気を得ている。

テレビ朝日が現地を取材すると、試合が行われる日には路上やパブ、スタジアム周辺など街の至るところでサポーターたちが三笘選手のチャント(応援歌)を歌っているほどだ。

イングランドの南に位置するブライトン。三笘選手自身も、「海があるので外に出るたびに気持ちいい。リラックスできるし、人もすごくいいですし、英語も聞き取りやすい地域なので助かってます」と、この街を非常にお気に入りの様子だ。

そして、オールディーズナンバー「Tequila/テキーラ」のメロディーにのせて合唱される自身のチャントについても、「いやー面白いですよね。気に入ってます」と喜んでいた。

◆SNSに“花の写真”を投稿「あんなに反響あるとは思わなかった」

そんな三笘選手が日本のサポーターを驚かせたのが、2023年1月にInstagramに投稿した2枚の写真だ。

それは、オフの三笘選手が生花店の前で購入した花を手に佇んでいる様子を写したもの。

三笘選手のInstagramは、ほとんどが試合にかんする投稿となっており、プライベートの模様をアップするのは非常に珍しい。

そのため、川崎フロンターレやカタールワールドカップ日本代表でともに戦った選手たちも、「なんかあった?」(田中碧選手)、「薫が花買ってる」(板倉滉選手)、「お花が綺麗って思える心持っててホッとしたよ」(谷口彰悟選手)と“いじり”ながら反応していた。

このプライベートの“花の写真”を突然投稿したワケについても三笘選手に聞くと、「オフもあげてもいいかなと思って(笑)。あんなに反響あるとは思わなかったです」と少し照れた様子。

元チームメイトたちにいじられたことについては、「ちょっと絡まれるようになりました」と嬉しそうにこぼした。

2022年7月に入籍を報告していた三笘選手。写真の花はそのパートナーと買いに行ったそうで、「一緒に花を買って家に飾ってるんで、枯れたら買いに行く」とのこと。愛妻家の一面ものぞかせていた。

ちなみに、元日本代表・槙野智章氏によれば、サッカー選手は「お花に対して強い意識」があるとのこと。

「造花じゃなくて生きてる花を部屋に置くことによって運気をあげる、モチベーションをあげることを大事にしてるので、僕も現役時代やっていましたけど、生きてる花を定期的に変えて家の中に置く選手は多いです」と三笘選手のオフの行動を解説する。

花がもたらす運気もパワーにしてさらなる活躍をみせてくれるだろう三笘選手の今後から目が離せない。

なお番組では、ワールドカップ・スペイン戦で世界中の注目を集めた「三笘の1ミリ」についての“こぼれ話”も紹介。

ライン上にボールが残っていることを示した“あの写真”は命がけで撮られていた!? 撮影した本人がその裏側を語っている。

『スポーツ記者団 こぼれ話』は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

PICK UP