井ノ原快彦主演『特捜9』、この春season6開幕!“主任・浅輪直樹”が新たなステージへ

公開: 更新: テレ朝POST

2018年4月にスタートした井ノ原快彦主演の人気シリーズ『特捜9』。難事件に挑む個性派刑事たちの活躍はもちろん、背景にあるそれぞれの人生模様を描き上げてきた同シリーズ。

そんな『特捜9』がこの春、season6に突入する。

『警視庁捜査一課9係』(2006年スタート)時代から17年間、ともに過ごしてきた“家族”のような特捜班。

小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)ら個性派刑事の捜査をまとめる主任として、そして昨シーズンより加わった若手警察官・三ツ矢翔平(向井康二)、高尾由真(深川麻衣)の先輩として、井ノ原演じる浅輪直樹が引き続き邁進する。

◆メンバーそれぞれのプライベートにも“変化”

『特捜9』の醍醐味は、シリーズを通じて登場人物たちのプライベートや心情の変化をリアルに楽しめるところ。

『9係』で出会い、『特捜9』で結婚した直樹と倫子(中越典子)の浅輪夫妻の今後は?

そして、season4最終回で結ばれた村瀬健吾(津田寛治)&志保夫婦の現在は?

さらには青柳・矢沢のコンビや、班長・国木田誠二(中村梅雀)の今の思いとは?

season6ではそれぞれが抱える事情や関係性が、毎回の捜査に複雑に影響していく。

◆新たなステージへ!井ノ原快彦らが意気込み語る

井ノ原は新シーズンスタートに向け、「もうseason6になるんだなと思うと…感慨深いです」としみじみ語りながら、「今年は人間ドラマにもう一度立ち返って、それぞれのプライベートも描き、事件解決だけじゃなく、ひとりずつが抱えるドラマを大事にしていくのがみどころ。それこそが、17年を経た今の僕らだからできることなんじゃないかな」と、さらなる高みへと疾走していく決意を告白。

羽田もまた、「17年間続いてきた『特捜9』はドラマの“老舗”といえるかもしれませんが、老舗って必ず“革新”があるから継続しているもの。老舗の味を残しつつフレッシュな空気も加えて、私たちにしかできない作品づくりを今年も目指していきたい」と、井ノ原の思いに深く共鳴した。

そんな羽田との“女子バディ”の活躍も期待される深川は、「新シーズンでは1年間の経験を得て、少しほぐれた由真の気持ちを表現できたらいいなと思っています。2年目は、ちょっと遊び心を持ちながら楽しんで演じていきたい」と進化を誓っていた。

最新シーズンでも、おなじみの特捜班メンバーが衝突しながらも全力で捜査に当たるストーリーは変わらない。どんなときでも相手の立場に立って事件に向きあう特捜班。彼らの2023年の躍動に注目だ。

◆井ノ原快彦(浅輪直樹・役)コメント(全文)

――season6が決定した今の心境を教えてください

もうseason6になるんだなと思うと…感慨深いですね。

ドラマの登場人物って“成長しないこと”がお約束ですが、ここまで長くシリーズが続くと、さすがに僕らも成長もするし、変化もします。

キャラクターそれぞれが成長しているぶん、前シーズンより、さらに進化したドラマになっていくんじゃないかなと楽しみにしています。

――前シーズンから加入したSnow Man・向井康二さん、深川麻衣さんに今年、期待することは?

オンエアされていなかった時間もキャラクターたちが頑張って生きているとするならば、向井演じる三ツ矢も深川さん演じる由真も1年経って慣れてきて、成長もしているはず。

昨年は気を使って言えなかったことも2年目に入ったら堂々と言えるようになったりするんじゃないかな。

ふたりがどう変わっているか楽しみなので、こちらもまた気を引き締めて作品に取り組んでいかなくてはと考えています。

――羽田美智子さん&深川麻衣さんの特捜班女子チームに期待することは?

羽田さんと深川さん、そして原沙知絵さん、中越典子さんも含めて、『特捜9』の女性陣は視聴者のみなさんの気持ちに寄り添ってくださる方々ばかり。

とにかく存在として輝いていますし、癒しが大事な今の時代らしく、緊迫のストーリーの中で気持ちをフワっと軽くしてくれる役目を担ってくれてるなと思っています!

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

今年はとくに人間ドラマにもう一度立ち返って、ただ“駒”として動く刑事たちの姿ではなく、それぞれのプライベートも描き、“事件の行方も気になるけど、家の方は大丈夫なの!?”と両面から心配したり、喜んだり、安心したりしてもらえるようなドラマになったらいいなと思っています。

事件解決だけじゃなく、ひとりずつが抱えるドラマを大事にしていくのが、このseason6のみどころです。

それこそが、17年を経た今の僕らだからできることなんじゃないかなと…。気になる展開も続々登場しますので、ぜひseason6にご期待ください!

◆羽田美智子(小宮山志保・役)コメント(全文)

――season6が決定した今の心境を教えてください

18年目というチャンスをいただいて、本当にありがたく思っています。

『警視庁捜査一課9係』から17年間、春から初夏まで『特捜9』一色、というリズムが身体に馴染んでいるので、今から新しい年がはじまるような気持ちです。

また、“わちゃわちゃ感”満載の喧々諤々な日々が来るんだな、と撮影開始を楽しみにしています。

――“主任”、そして“座長”を務める井ノ原さんのリーダーシップは、どのように感じていますか?

イノッチ(=井ノ原)は9係時代からいちばん若いのに現場を仕切ってくれて、リーダーシップはピカイチ。“頼りになる年下の兄貴”という感じでした。

常にニュートラルな状態でいてくれる方なので、リーダーとして絶大な信頼を寄せています。もちろん今年もついていきますよ!

――前シーズンから加入したSnow Man・向井康二さん、深川麻衣さんに今年、期待することは?

昨シーズンはふたりがさまざまなアイデアを出して、“今”という時代の空気を運んでくれたので、その化学反応がおもしろかったですね。

そして…とにかくふたりともかわいい! 私はお節介を焼きたくて仕方がないので、焼かせてくれる人が増えてうれしかったです。

新シーズン、ふたりがまた新たな空気感を出してくれるのが楽しみ。今年は由真ちゃんと捜査する機会も増えそうで、女性同士のバディで動くスタイルを楽しみにしています。

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

昨年、イノッチが撮影中に「僕らには家族のような強い絆がある」「『特捜9』は、みんなの実家のような現場でありたい」と話していたのですが、その言葉どおり、今年もにぎやかな現場になると思います。

17年間続いてきた『特捜9』はドラマの“老舗”といえるかもしれませんが、老舗って必ず“革新”があるから継続しているもの。

大好きなメンバーとさらにいいチームワークで、老舗の味を残しつつフレッシュな空気も加えて、私たちにしかできない作品づくりを今年も目指していきたいと思います!

また、昨今は恐ろしい事件も増え、安心して暮らすことができない時代になってきたなと思うので、そんななかで警察官たちが奮闘する姿もドラマを通じてお伝えできたらと思っています。

◆深川麻衣(高尾由真・役)コメント(全文)

――『season6』が決定した今の心境を教えてください

シリーズものに参加させていただくのが初めてなので、また同じチームで再会して「お久しぶりです」と言いあえるのが新鮮で、とてもうれしいです。

17年間続いている『特捜9』は、出演者とスタッフのみなさんの絆が固いんですよね。信頼しあった上で意見を出しあって作り上げていく、素敵な現場なんです。

作り手側が楽しんでいる作品って、絶対に視聴者のみなさんにも伝わるんだなと感じています。

――“主任”、そして“座長”を務める井ノ原さんのリーダーシップは、どのように感じていますか?

学生時代、テレビで拝見していたときから、井ノ原さんには笑顔のイメージがありました。そのイメージは、お仕事をご一緒するようになってもまったく変わりません。

気さくにお話してくださるのもうれしくて、昨年は休憩時間においしい喫茶店の話題で盛り上がりました。

それでいて、締めるところはちゃんと締めてくださる大先輩です。私も羽田さん同様、ついていきます!

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

由真はこの1年で少しだけ昇格しているという設定なので、新シーズンでは1年間の経験を得て、少しほぐれた由真の気持ちを表現できたらいいなと思っています。

2年目は、ちょっと遊び心を持ちながら楽しんで演じていきたいですね。由真が誰とバディを組んでいくかも楽しみ。

物おじしない由真だからこそ、先輩たちに言えることも出てくると思うので、作品の新たな空気のひとつになりたいとも思っています。

そして第1話の脚本を読んだところ、“これはどうなっていくんだろうな”“視聴者のみなさんもビックリするんじゃないかな”という展開があるので、ぜひ楽しみにしていただければと思います!

※番組情報:『特捜9 season6』
2023年4月5日(水)スタート!【毎週水曜】よる9:00〜、テレビ朝日系24局

PICK UP