永久保存版確定!『関ジャム』渾身の“坂本龍一”特集 本人が1万5千字以上の貴重な証言

公開: 更新: テレ朝POST

2月12日(日)の関ジャム 完全燃SHOWでは、デビューから45年、世界の第一線で活躍し続ける音楽界のレジェンド・坂本龍一を大特集する。

1978年――ソロデビューに続き、当時は珍しかったテクノポップを確立した伝説のバンド「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」としてもデビュー。

映画音楽も多数手掛け、『ラストエンペラー』(1988年)では日本人初のアカデミーオリジナル音楽作曲賞を受賞するなど、世界中から高い評価を受けてきた坂本龍一。

そんな“音楽界のレジェンド”の特集が、今回ついに実現する。

しかも今回は坂本自ら、音楽のプロたちの質問に徹底回答。

坂本を敬愛するスタジオゲスト陣の清塚信也、江﨑文武、ちゃんMARI(ゲスの極み乙女)の質問に対し、約1万5000文字以上も費やして綴られた“超貴重な本人証言”をもとに、鬼才・坂本龍一の本質に肉薄する。

プロからは、「坂本さんの音楽のポップさは意識的? 音楽性?」、「売れることを意識するべきか?」、「オリジナルと映画音楽を作るときの違いは?」、「作曲家よりピアニストとして活動するという選択肢はなかったのか?」など、坂本の稀有な才能や音楽に対する考え方に深く迫る質問が続出。

さらに「気分転換にすることは?」、「これまでに充実を感じたとき、逆に苦しかったときは?」など、プライベートに関する疑問も飛び出すことに。

はたして、これらの問いに坂本は何と答えるのか?

永久保存版確定。デビューから45年、今なお世界の第一線で活躍し続ける坂本龍一の“知られざる人物像”や“名曲誕生の裏側”を、本人証言とともにひも解く渾身の特集だ。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2023年2月12日(日)午後11:00~深夜11:55、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)

PICK UP