錦鯉、目標を失ったM-1王者としての1年。長谷川雅紀「“こんにちは”一回いくらだろう?」

公開: 更新: テレ朝POST

くりぃむしちゅー有田哲平フワちゃんがMCとして初タッグを組んでいるバラエティ『有田哲平の引退TV』(ABEMA)。

2月3日(金)の放送では、錦鯉が引退勧告をされた。

2021年に『M-1グランプリ』王者に輝き、2022年にはテレビ出演本数380本、CM出演本数は11社と、現在大ブレイク中の錦鯉(長谷川雅紀渡辺隆)。

そんな2人に引退を告げるのは、長谷川と札幌よしもとの同期で、27年来の付き合いがあるタカアンドトシの2人だ。

突然、タカトシから引退勧告をされた錦鯉は、困惑した表情を浮かべながらも引退を拒否。しかし、タカからは「今が人生のピーク。ここからは何もないよ」、トシからも「だから今しかないのよ。辞めよう」と畳みかけられる。

タカから「一つの目標だったでしょ?M-1チャンピオン。次の目標ある?」と聞かれた渡辺は、「正直、優勝したときに燃え尽きた感はあった」と答える。

しかし、長谷川は「僕は隆と違って、M-1で優勝したのはゴールだと思っていない。スタートだと思っています」と反論。

すると、トシから「しがみつく理由を聞きたい」と問いかけられたことをきっかけに、錦鯉の2人は自身の胸の内を明かしていく。

渡辺は「しがみつく理由はないですけど、金稼げるなら味するまで稼ぎたい」と率直な思いを述べる。しかし、タカから「たとえば、この1年で100億稼げたら辞めてもいいってことだよね?」と問われると、「そうですね。100億あったら辞めてもいいかもしれない」と返答する。

一方の長谷川は「僕はお金じゃないですから。お笑いをやりたい」とキッパリ。それに対してタカは、「俺が知ってるハセ(長谷川)は、笑いとったあとすごくいい笑顔してた。でも今はまったく笑顔がない。金にまみれてる感じがする」と、長年の友人だからこその違和感をぶつける。

すると長谷川も、「たしかに、俺も『こんにちは』一回いくらだろう?って考えたり…」と神妙な表情を浮かべる。

◆タカアンドトシの鋭い指摘「自分から計算して笑いとったことある?」

トシから多忙だった2022年を振り返り、「1年間やってきて手応えはあるわけ?」と問われた錦鯉は、2人とも「手応えはない」と回答。

すると、ここからタカトシが“引退”に向けて怒涛の説得を繰り広げていく。

タカは「2022年はM-1王者としてのオファーがあったけど、ここからは1年間やってきた結果で次のオファーにつながっていく。けど、たぶんもう(オファーは)来ないよ。だって手応えなかったんでしょ?」と鋭く切り込む。

続けて、「M-1の決勝戦、手応えなくて行った?」と問われると、渡辺は「いや、手応えありましたよ」と返答。これに対し、タカが「あったでしょ?だから、そういうことだよ」とキッパリ告げると、長谷川の表情が曇ってしまう事態に。

トシから「ハセは手応え感じることがあった?」と問いかけられるも、長谷川は「自分でも手応えがあると気づいていないところが問題かな」と意気消沈。

さらに「今年(2022年)、自分から計算して笑いとったことある?」という質問から、渡辺に「27年間である?」と聞かれた長谷川は、「一回もないかもしれない」と答える。

それを聞いたタカトシが「ないよ今後も。だから引退したほうがいいよ」と迫ると、長谷川も困ったようにうなだれてしまった。

◆錦鯉・長谷川を称賛「すごい奇跡を起こす人間」

さらには、現在の錦鯉が抱える致命的な問題についても掘り下げることに。

これまでの錦鯉は、長谷川の貧乏なところやズボラなところに対して渡辺がツッコミを入れるという漫才スタイルだった。しかし、M-1で優勝後の長谷川を「お金を持つようになって、10kg太った。どんどん“普通”になっていった」と語る渡辺。

続けて、「そうなると、いじるところがなくなってきて、この人、10年間ボケたことなかったなと気づいた。お金を持った雅紀さんをどうプロデュースしていくか」と、これからの錦鯉のスタイルについて真剣に考えていることを明かした。

タカは「たぶんハセは芸人じゃなくて、スーパー人間なんだよ。すごい奇跡を起こす人間。考えると逆にわざとらしくなるし、ハセという存在そのものがどでかい笑いを作るから」と語る。

渡辺も頷きながら「たぶん、周りが期待している雅紀さんと、雅紀さんが思っている雅紀さんって全然違うんだと思うんですよ。周りは元気でバカなことしてほしいと思ってるんですけど、雅紀さんはちょっと自分のこと“できる”って思っている節がある」と明かす。

これにはトシも「このタイプの人間はみんなそう」、タカも「だから手応え感じてないっていうのもそこなんだよね。自分発信じゃないから」と共感していた。

※番組情報:『有田哲平の引退TV

<画像はすべて(C)AbemaTV,Inc.>

PICK UP