『アメトーーク!』に7人の同期芸人が集結!デビュー30周年、若手も絶望した“大阪NSC11期”

公開: 更新: テレ朝POST

1月26日(木)のアメトーーク!では、「祝30周年!大阪NSC11期芸人」が放送される。

スタジオには、デビュー30周年を迎える大阪NSC11期の芸人たちが集結。

中川家陣内智則ケンドーコバヤシユウキロック野々村友紀子ハリウッドザコシショウら同期の人気芸人たちが、若手時代のウラ話や爆笑マル秘エピソードを暴露する。

「大阪NSC11期 30年の歩み!!」では、それぞれ30年間の歩みを振り返る。

コンビ“リミテッド”として活動していた陣内や、実は“松口VS小林”としてコンビを組んでいたユウキロックとケンコバ、コンビ“G☆MENS”を解散し、さまざまな事務所を渡り歩いたザコシなど、7人7様の芸人人生をひも解いていく。

そんな先輩たちの生き様を「戦乱の世を勝ち抜いた武将たちというイメージ」と語る向井慧パンサー)は、11期のメンバーが出演していたテレビ番組を見て、「大阪は怖い」と絶望、東京のNSCに入学したと言いはじめるのだが…。

また、11期メンバーの売れた順を発表すると、不遇の時代が長かったザコシのケンコバへの憧れや嫉妬など、複雑な心境だったに違いない当時の様子を芸人たちが明かす。

その一方では、ザコシがブレイクの足掛かりになったというケンコバ流の“やり方”に感謝するひと幕も。

また、メンバーが口を揃えて「当時からズバ抜けていた」という中川家が、劇場で“漫才禁止令”が出た際に取った行動も明らかに。

なかなか芽が出ず、お金もない…。そんな若手時代の同期の絆や、実はずっと感謝していること、さらには今だから話せる“とんでもエピソード”や爆笑珍事件の数々も続々登場し、あわや暴露大会に?

ほか、ザコシ&ケンコバのタイマン舞台、陣内&ケンコバ&高橋茂雄サバンナ)のユニットコントなど貴重なVTRも公開。

さらに、スタジオでは芸人たちがお互いに「もう一度見たい」とリクエストするあの頃のネタを披露する。

※番組情報:『アメトーーク!』「祝30周年!大阪NSC11期芸人」
2023年1月26日(木)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

PICK UP