“女帝”浅野ゆう子 VS.アウトサイダー刑事!まさに一触即発の“ヒリヒリ”駆け引き

公開: 更新: テレ朝POST

西島秀俊濱田岳上白石萌歌がクセの強いキャラクターにふんする刑事ドラマ警視庁アウトサイダー

本日1月26日(木)放送の第4話では、女優・浅野ゆう子演じる“ウラ社会を知りつくす女帝”が出現!

アウトサイダー刑事たちと緊迫の駆け引きを繰り広げる。

◆浅野ゆう子演じる“女帝”とヒリつく駆け引き

第4話は、主人公・架川英児(西島秀俊)の恩人、警視庁生活安全部参事官・黒石元警視正(井上肇)が自殺するという衝撃の事態からスタート。

黒石は組織犯罪対策部の次期部長と目されていたが、数カ月前に若い女性との不倫騒ぎが週刊誌で報じられ、依願退職したばかりだった。

黒石は自ら命を絶つ直前、架川に向けて「あれは罠だ。私ははめられた。君も気をつけろ」という謎のメッセージを遺していたことが判明。黒石を罠にはめ、自殺に追い込んだ黒幕はいったい誰なのか…。

架川は蓮見光輔(濱田岳)、水木直央(上白石萌歌)を巻き込んで捜査をはじめる。

暴力団“鷲見組”の関与を疑った架川と光輔は、情報を求めて敵対組織を牛耳る超大物のもとに乗り込むことに。その相手は、“一途会”最高顧問でありウラ社会を知りつくす女帝・手嶌春(てしま・はる/浅野ゆう子)。

まさに一触即発、女帝とアウトサイダー刑事たちのヒリヒリする駆け引きシーンに注目だ。

やがて、アウトサイダートリオを揺るがす新事実が発覚することに。

浮かび上がるのは、架川をはめた“裏切り者”の正体。いったい、それは誰なのか?

◆上白石萌歌、ヒョウ柄コートでパリピなりきり潜入捜査!

また前回、“前髪ぱっつん”に変身しておとり捜査を成功させた直央。第4話でも元演劇部の面目躍如!? さらなる“なりきり潜入捜査”に乗り出す。

今回はワイルドなレオパード柄ファーコートに身を包み、クラブに潜入。素直なキャラクターを演じることの多い上白石が、振り切ったパリピキャラを演じて新境地を拓く。

※番組情報:『警視庁アウトサイダー』第4話
2023年1月26日(木)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

※『警視庁アウトサイダー』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、地上波放送終了後にドラマ本編を配信!

PICK UP