三遊亭好楽、間近で見てきた円楽さんの闘病。最期は「やっと解放された」安らかな姿

公開: 更新: テレ朝POST

1月24日(火)の徹子の部屋に、三遊亭好楽が登場する。

今回は、2022年9月に亡くなった落語家・六代目三遊亭円楽さんを、親友だった三遊亭好楽とともに偲ぶ。

2人は同じ師をもつ弟子として50年以上切磋琢磨してきた仲。私生活でも自宅を行き来するほど仲が良かったという。

円楽さんの肺がん発覚から闘病の様子を間近で見てきた好楽。

亡くなった当日、最後に目にした円楽さんは「やっと解放された」と言わんばかりに安らかで、まるで眠っているようだったと語る。

若い頃は一緒に野球チームを組み、試合の日は毎回好楽の家で夜中まで飲んだ。好楽の亡き妻・とみ子さんとも仲が良かったそう。

後年は落語界の向上に心血を注いできた円楽さん。その遺業を引き継いだ今、あらためて大変さに気づいたという。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年1月24日(火)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

PICK UP