矢部浩之、パジャマ美女に座られて“人間ソファー”に!しみじみと「よかったわ~」

公開: 更新: テレ朝POST

1月2日(月)、新年あけて間もなく配信された鶴瓶&ナイナイのちょっとあぶないお正月(ABEMA)。

笑福亭鶴瓶矢部浩之岡村隆史らがお正月らしいめでたい企画を楽しんだ。

今回、2年ぶりにあの「元祖英語禁止ボウリング」が登場。

これは、ゲーム中の英語使用が禁止で、英語を発してしまうと罰金が発生するが、ストライクやスペアを出した際にはさまざまなコスチュームに身を包んだ美女からの“ご褒美”が受けられるという名物企画。今回も大いに盛り上がりをみせた。

◆鶴瓶、勢いづいて思わず…

ご褒美の権利を得た笑福亭鶴瓶は、登場した“助手風”美女を「遠隔操作できる」という手袋が使えることに。

この手袋は、鶴瓶が自身のカラダを触ったり揉んだりすると、向かいの助手(美女)も同じように動くというもの。

さっそく鶴瓶が自分のカラダを揉んでいくと、助手も自身の上半身を揉みだす。

そして、助手から「もうちょっと激しく…」とおねだりされた鶴瓶は、興奮して着ていたシャツを脱ぐという行動に。

これには進行担当の山里亮太南海キャンディーズ)が思わず間に入って静止。

その後も続く鶴瓶の“ご乱心”ぶりに矢部も「孫いてるでしょ?」とツッコみ、呆れる様子を見せる。

【動画】鶴瓶、勢いづいて思わず…

◆矢部浩之、“人間ソファー”に変身

鶴瓶をたしなめていた矢部だったが、そんな矢部への“ご褒美”で現れたのは、なやましいパジャマに身を包んだ美女。

ソファーの座り心地の悪さに不満を漏らす彼女…。そこで矢部がソファーの中に入り、人をダメにするソファー、その名も「エロボー」になることに。

美女は矢部の上に乗り、さらに首に手をまわす。

すると矢部もソファーの中から必死に美女に抱きつき返し、2人はだんだんと接近!

ここでも山里が急遽笛を吹きストップをかけるファインプレーをみせる。

このご褒美を受け、「エロボーよかったわ~」としみじみ嬉しそうな矢部。“ero”という英語を連発してしまったが、惜しみなく罰金を差し出していた。

※配信情報:『鶴瓶&ナイナイのちょっとあぶないお正月
2023年1月8日(日)23:59までABEMAにて無料配信

PICK UP