峯岸みなみ、ついに登壇!『しくじり先生』10年越しのオファーが実現 “坊主頭謝罪”の全真相告白

公開: 更新: テレ朝POST

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティしくじり先生 俺みたいになるな!!

本日1月3日(火)放送の「お正月スペシャル」にAKB48の元メンバー・峯岸みなみが登壇。

“謝罪の仕方を間違えて、全世界をどん引きさせちゃった先生”として授業を行う。

あの衝撃の謝罪から10年――ついにその真相と西麻布・六本木界隈での夜遊びの全容を告白する。

◆満を持しての登壇に生徒たちも騒然

峯岸が教室に姿を現すと、生徒たちは騒然!「ようやく!」「待ってました!!」という声が飛び交う。

というのも、実は番組ではかれこれ10年ほど前から峯岸に登壇をオファー。今回、10年越しに授業が実現した。

「(お話は)幾度となくいただいていたんですけど、当時はまだアイドルグループに属していたので、まだ語るには早いのではないかということで…。延びに延びて今日、この日を迎えました」と、今回の登壇について決意に満ちた表情で語る。

峯岸は2005年、13歳のときにAKB48に1期生として加入。2021年、28歳でAKB48を卒業し、2022年には結婚も発表した。

しかし、アイドル時代は波乱ばかりで、2013年1月にスキャンダルが報道され、坊主頭で号泣謝罪。

“現役アイドルが坊主頭になる”という衝撃はすさまじく、連日ワイドショーをザワつかせたばかりか、世界的にも大きく報じられ、思いがけない騒動になってしまったと振り返る。

そこで今回は、約15年間在籍したAKB48の歴史とともに、峯岸がいかにしくじって坊主頭になったのか、そして、週刊誌を賑わせることとなった西麻布・六本木界隈での夜遊びしくじりも赤裸々告白する。

◆世界がドン引きした謝罪を振り返る

東京都板橋区で生まれ育った峯岸は、小学生の頃に芸能界への夢を抱き、13歳でAKB48の一期生オーディションに合格。

7924名の応募の中から合格者わずか24名という狭き門を突破したものの、デビューから2~3年は“まったく陽の当たらないバックダンサー生活”を送ることとなり、徐々に自己肯定感が低下。「私はアイドルの世界でトップにはなれないんだな」と、早々に悟ってしまったと話す。

2008年、16歳のときAKB48内のユニット“ノースリーブス”のメンバーに選ばれバラエティ番組に呼ばれるようになると、うれしい反面、悲しい扱いを受けるように。

そして2013年1月――。週刊誌でスキャンダルが報じられ、坊主頭になって謝罪するという衝撃行動にでるが、本人が語るその真相とは?

当時の心境はもちろん、変わり果てた峯岸の姿を見た家族の反応、世界に波及した騒動への思い、以降の研究生生活まで明かしていく。

◆渾身の授業に横山由依も感動!

授業を終えた峯岸は、

「今回、しくじりについて話す機会をもらえてよかったなと思っています。10年前、人生でいちばんきつい、どん底の辛さを経験した私が今、笑顔で元気な姿を見せられるのは、たくさんの人の支えがあって、そういう人たちとの関係を絶たなかったからこそだと思っています。だから、“もし何かあっても続けてさえいれば大丈夫だよ”っていうことを、この授業で伝えられてたらいいなと思います」

と、この授業に託した思いを話す。

“生徒”として峯岸の授業を受けた元AKB48メンバー・横山由依は、

「今、AKB48を支えているメンバーはみいちゃん(峯岸)のことを見て育った子が多い。失敗しながらもメンバーにちゃんと示してくれるみいちゃんはやっぱり偉大だと思うし、10年経って話せたみいちゃんがいて、それを聴けた自分がいるのってとても特別なことだなと思いました。すごくいい授業でした」

と感動の表情。

オードリー若林正恭も「いろいろあったからこそ、これだけの言葉の重みがあった。この場に立って授業してくれたことは本当にありがたかった!」と感謝を伝えていた。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』お正月SP
2023年1月3日(火)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系

※地上波放送直後「ABEMA」で1週間無料配信!

PICK UP