<相棒>橋本マナミ演じる“黒いコートの女”が登場!特命係は宝石窃盗絡みの事件との関りを探る

公開: 更新: テレ朝POST

12月21日(水)、『相棒season21』第10話「黒いコートの女」が放送される。

“お宝”を追う謎の美女の正体は!? 窃盗犯と過去の殺人には意外な接点が…。

解明のカギは黒いコートの女!? 絡み合った思いが特命係を翻弄する!

◆第10話あらすじ

特命係の杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)は、組織犯罪対策部の角田六郎(山西惇)に頼まれ、宝石窃盗グループの一斉逮捕に参加。取り逃がした犯人を、しらみ潰しに捕まえる継続捜査にも協力する。

そんな中、容疑者の一人が、黒いコートを着た女(橋本マナミ)に追い掛けられ、歩道橋から転落死する事件が発生。

その直後、右京と薫は、転落死した男のアパートで黒いコートの女に遭遇するが、彼女は事情を聞く前に姿を消してしまう。目撃者の証言によると、女は“ダイヤ”を探していたというが…!?

窃盗グループと何らかの接点があると見た2人は、周辺を捜査。すると、転落死した男が最近、誰かを強請ろうとしていたことが分かる。

男の発信履歴から都内の輸入雑貨店を訪れると、店主は激しく動揺。その様子から、恐喝の被害者ではないかとあたりをつける。

そうこうするうち、転落死した男の部屋から、6年前に起きた殺人事件の重要な証拠が発見される。

番組情報:『相棒season21』第10話「黒いコートの女」
2022年12月21日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

PICK UP