マリコが凍死!?『科捜研の女』史上最悪の窮地に追い込まれ…衝撃のクライマックス

公開: 更新: テレ朝POST

“火曜よる9時”という新たなステージで、大人の科学捜査ミステリーとして革新を遂げた科捜研の女 2022

ついに最終回を迎える12月20日(火)の放送では、榊マリコ(沢口靖子)の前に、またしても“シリーズ最強の敵”古久沢明(石黒賢)が出現。

因縁の“最終決戦”を繰り広げ、なんとマリコが“史上最悪の窮地”に追い込まれる。

◆不可解すぎる凍死事件が発生!“天才物理学者”古久沢明の関与は!?

最終話でマリコたちが挑むのは、京都市内のビルで女性の遺体が発見された事件。

臨場したマリコは驚愕。なんとも不可解なことに、遺体が凍死の所見を示していたのだ。

気密性が高く、深夜でも室温が下がらないビル内で凍死するなど、通常ではありえないこと。

しかも、現場のビルは最近まで天才物理学者・古久沢が海外の研究機関と手を組んで極秘裏にラボを開設していた場所。

マリコたちは古久沢の気配を感じながら事件を調べはじめて…。

古久沢は「研究を阻む者は、未来の人類にとって害悪でしかない」という信念を持ち、犯人を知りながらも科学の発展のために二度も隠避した男。

「科学者として醜悪」などとマリコを冷酷な言葉でなじってきた相手だが、彼はどう事件に関わっているのか?

◆マリコが“凍死”!? 小池徹平演じる君嶋直樹が“暗躍”か

なんと今回、マリコに敵の魔の手が迫り、絶体絶命の危機に。

公開された場面写真のなかには、冷気漂う室内にマリコが倒れている戦慄のショットが。

まさか、マリコも“凍死”させられてしまうのか?

そんなマリコの窮地に深く関わっているのが、小池徹平演じる君嶋直樹。

「人の心の闇を科学で解明したい」と願い、科捜研に転職してきた君嶋。

彼は、前職の研究所の同僚でもあった古久沢と、実はひそかにつながっていたようで…。

もしや、君嶋はマリコたちを“裏切り”続けていたのか?

最終話は、登場人物たちの思惑が入り乱れ、衝撃の連続。一瞬たりとも目が離せないストーリーが展開していく。

◆“科学者ブローカー”福士誠治、再登場

そんな最終話には、第3話で登場した“科学者専門の人材ブローカー”奥居秀俊(福士誠治)も再び姿を現すほか、人気実力派声優・加藤英美里が登場。

古久沢とつながりのある電機メーカーの女性管理職役で捜査をかき回す。

はたして、“シリーズ最強の敵”古久沢明との“最終決戦”の行方は? そしてマリコの運命は?

※番組情報:『科捜研の女 2022』最終話
2022年12月20日(火)よる9:00~10:00、テレビ朝日系24局

※『科捜研の女 2022』最新回は、TVerにて無料配信中

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)では、『科捜研の女』過去全シーズン&スペシャルドラマに加え、2021年公開の『科捜研の女 -劇場版-』も見放題配信中!

PICK UP