M-1新王者誕生直後!『くりぃむナンタラ』で今年も開催「次の審査員は俺だ-1グランプリ」

公開: 更新: テレ朝POST

くりぃむしちゅーの純度100%バラエティくりぃむナンタラ

12月18日(日)の放送では、『M-1グランプリ2022』で新王者が誕生した直後に、次なる審査員の座を狙う芸人たちが集結する「次の審査員は俺だ-1グランプリ2022」が開催される。

「今年も皆さんがM-1の審査員をしていなかった…」と不満顔の有田哲平のもと、2021年に引き続き2度目の参戦となる上田晋也山里亮太南海キャンディーズ)に加え、長谷川忍シソンヌ)、ヒコロヒーが初参戦。4人が審査員の頂点を目指して“コメント力だけで”勝負する。

大会のルールはいたってシンプルで、芸人たちが披露するネタに対してコメントするだけ。

しかも、通常なら自分の判断で点数をつけるところ、この大会では各審査員の点数を有田が独断で記入するというルールを適用。

つまり審査員4人は、有田が勝手に記入した点数に見合った的確なコメントをひねり出さなければならない。

◆2021年のM-1王者・錦鯉、今回限りのコンビも登場!

最初にネタを披露するのは、2021年のM-1で3位となったコンビ・インディアンス。

勢いのある漫才で会場が爆笑に包まれるなか、有田が「1本目は基準点になる」とプレッシャーをかけながら勝手に点数をつけるが…。

また、2021年のM-1王者・錦鯉も登場!

もちろん会場は大ウケするが、有田のつけた点数に添って山里がおもむろに「これは漫才じゃない!」と激昂!? まさかの“漫才か漫才じゃないか論争”まで巻き起こる事態に!

ほか、今回限りのコンビ・ワイドナショー’s(原口あきまさJP)、海外でも注目を浴びているゴンゾーこまつなどが爆笑ネタの数々を披露する。

しかし、芸人たちのネタに笑いながらも気が気でないのが審査員4人。

すべては有田の采配にかかっているため、必死で“妥当な点数”を願う4人だが、終始独断でつけられた点数に翻弄されることに。

頭を抱えながらも、さすが前回王者といえるコメントをひねり出す上田、ノリにノッている山里、毒を散りばめながら的確なコメントをするヒコロヒー。

そんななか、有田にもてあそばれ続ける長谷川は「もうヤダ!」と半泣き状態になってしまい…。

さらに、ラストにはまさかの大御所が登場!「この企画のシステムはちゃんと伝わっているのか…」と不安でいっぱいになった審査員4人の表情が一気に曇る。

有田に翻弄されながらも抜群のコメント力を発揮し王者の座に輝くのは?

※番組情報:『くりぃむナンタラ
2022年12月18日(日)夜10:10~11:10、テレビ朝日系24局

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では地上波放送終了後に見逃し配信中!

※「TVer」では、地上波放送終了後に見逃し配信中

PICK UP