『警視庁アウトサイダー』斎藤工&片岡愛之助が出演決定!物語の“最強キーパーソン”に

公開: 更新: テレ朝POST

西島秀俊濱田岳上白石萌歌という豪華トリオが、秘密や事情を抱えたグレーな刑事たちを演じるドラマ警視庁アウトサイダー

柳葉敏郎石田ひかり優香野波麻帆長濱ねるら実力派の出演も発表された同ドラマに、さらなる追加キャストが決定した。

斎藤工片岡愛之助という2人の名優が、アウトサイダーな3人の前に立ちはだかる“油断ならない大物”として登場する。

◆斎藤工、政界の若き実力者に!

俳優としてはもちろん、映画監督やクリエイターなど“表現者”として多彩な才能を発揮する斎藤工が今作で演じるのは、与党所属の衆議院議員・小山内雄一。

組織犯罪の撲滅をスローガンに掲げる若手のホープで、カリスマ的魅力をもつ政治家だ。

しかし、西島秀俊演じる架川英児が警視庁組織犯罪対策部から桜町中央署へと左遷される原因となったトラブル、そして濱田岳演じる蓮見光輔が抱える危険極まりない秘密にも深く関わっているようで、いつしか3人の行く手を阻む巨大な障壁に…。

人気者でありながら決して気取らず、熱き信念を忘れない若きリーダー。まさに好人物にしか思えない雄一の奥底には、いったいどんな闇が潜んでいるのか?

斎藤が不穏な空気をまとわせながら、雄一という男がはらむ多面性を表現する。

◆片岡愛之助、クセ者の“警視庁副総監”を演じる!

数々の作品で怪演をさく裂させてきた歌舞伎俳優・片岡愛之助が演じるのは、上白石萌歌ふんする水木直央の実父であり、警視庁副総監を務める有働弘樹。

元妻・水木真由(石田ひかり)と離婚したため、直央とは別々に暮らしているが、娘への愛情は深い子煩悩な男だ。

しかし、彼もまた若かりし頃の壮絶な体験から組織犯罪撲滅という信念に取りつかれており、同じ志をもつ雄一を強く支援していて…。

娘の直央や旧知の仲である雄一とのやりとりはほっこりしていてコミカルだが、ストーリーが進むにつれ、有働の内に潜む“ある種の過激さ”が徐々に輪郭をあらわしていくことに…。

有働は3人が追い求める真実にどう関わっているのか? 今作でも愛之助の緩急自在の演技が冴えわたる。

圧倒的存在感を放つこの2人のキーパーソンが、物語をどこまでかく乱していくのかに注目だ。

※番組情報:『警視庁アウトサイダー
2023年1月スタート!【毎週木曜】午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

PICK UP