“女性には女性なりのやり方がある”。セーリングの世界で新しい扉を開けるセーラー

公開: 更新: テレ朝POST

世界各国の美しい港町や風景を伝える番組『港時間』。

10月28日(金)の放送では、アメリカ西海岸のマリナ デル レイを紹介した。

世界最大級のハーバー、マリナ デル レイ。この港には、自由な気風で知られる「カリフォルニアヨットクラブ」がある。

クラブに所属するマリー・ロジャースさんは、大型ヨットを操縦しながらセーリングを教える先生。

生徒は女性が中心で、「性別や伝統に関係なく多くの人にセーリングの世界を知ってほしい」と話す。

かつてヨットクラブは男性の社交場で、女性主導のセーリングなどもってのほかだった。

しかし、時代は変わり、いまや「セーリングは誰でも楽しめる」もの。

帆を上げるような力仕事は、電動ウインチを使えばいいだけ。女性には女性なりのやり方がある。

マリーさんは、隔たりのないこのクラブで新しい扉を開こうとしている。

「セーリングは自然とつながること。常に自分を試されるのです。そして先祖とのつながりを感じます」(マリーさん)

彼女にとって、ヨットは自由とつながるパスポートなのだろう。

なお、次回11月4日(金)放送の『港時間』は、モロッコのタンジェを特集。

2人乗り世界一周ヨットレース『Globe 40』に挑戦した日本人セーラーを紹介する。

※『港時間』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
番組情報:『港時間
毎週金曜 深夜0:15~0:20、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)
(ABCでは毎週金曜 よる11:10~、メ~テレでは毎週日曜 午後5:25~に放送)

PICK UP