『科捜研の女』マリコ、究極の密室トリックに挑む!容疑者は脳内に“科学データベース”を持つ男

公開: 更新: テレ朝POST

“火曜よる9時”という新たなステージで、大人の科学捜査ミステリーとして革新を遂げた科捜研の女 2022

本日11月1日(火)放送の第3話では、完全な密室でアレルギーによるアナフィラキシーショックを引き起こして殺害するという“遠隔アレルギー殺人”が発生!

謎に挑む榊マリコ(沢口靖子)の前に、優秀な科学者を闇で“売買”する人材ブローカー・奥居秀俊(福士誠治)が立ちはだかる。

◆脳内に“最新の科学データベース”を持つ男が、マリコを挑発!

第3話では、大学の理工学部の学部長・兼平政則(山崎銀之丞)が遺体となって見つかる事件が発生する。

彼にはラテックス(天然ゴム)アレルギーがあり、アナフィラキシーショックを起こして絶命したことが判明。

しかし、室内にラテックス製品はないばかりか、現場が密室だったこともわかり、誰がいつ、どうやって被害者にラテックスを触れさせたのか、マリコたちは首を傾げる。

捜査の過程で浮上したのは、10年前まで兼平の研究室に在籍していた奥居秀俊(福士誠治)。

彼は現在、日本の科学者を海外の研究施設に斡旋する“科学者専門の人材ブローカー”として暗躍しており、訪れたマリコたちに「優秀な科学者が最大限に能力を発揮できる場所で活躍することが、人類全体の発展につながる」と悪びれもせず持論を語るばかりか、「あなたになら最高の転職先をご紹介できます」とマリコをスカウトする。

さらに、これまで関わった科学者の研究すべてが頭に入っているとも豪語し、自分なら犯行は可能だと不敵な笑みを浮かべながらマリコを挑発。

たしかに、奥居の脳内にある“国内最高の科学データベース”を駆使すれば、このトリックは実行可能に違いない…。

奥居から自信たっぷりに挑戦状を叩きつけられたマリコは、同じ科学者として究極の密室トリックを解き明かすことができるのか?

◆福士誠治、鳴海唯ら充実のゲストたちの“怪演”がミステリーをかき乱す!

人を食ったような態度でマリコの前に出現し、まさに“トリックスター”のように事件をかき乱す奥居を演じるのは、映像から舞台まで縦横無尽に活躍する福士誠治。

また、被害者の“愛人”ともウワサされていた若き准教授・三浦葵役で、注目の新進女優・鳴海唯が登場。自らの頭脳に自信たっぷりな有能な科学者を演じる。

※番組情報:『科捜研の女 2022』第3話
2022年11月1日(火)よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局

※『科捜研の女 2022』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『科捜研の女』過去全シーズン&スペシャルドラマに加え、2021年公開の『科捜研の女 -劇場版-』も見放題配信中!

PICK UP