快進撃続ける“りくりゅう”ペア!はじめて滑った瞬間に「最高のパートナー」とお互いに確信

公開: 更新: テレ朝POST

10月27日(木)の徹子の部屋に、フィギュアスケート・ペアの三浦璃来木原龍一が登場する。

「北京オリンピック2022」フィギュアスケート団体で、日本が銅メダルを獲得した快挙に貢献したと言われるのが“りくりゅう”ペアの三浦と木原。

身長差30センチ、年齢約9歳差の2人は、3年前に出会ってから快進撃を続けているペア界の期待の星だ。

これまでどうしても「認知度」が低かったペア競技が今、2人の活躍で注目されている。

そんな2人を応援していた“りくりゅう”ファンの1人が黒柳徹子。「横になった体勢で空中に放り投げられたりして怖くないの?」と素朴な疑問をぶつける。

木原は数年前、練習中に脳震盪を起こす大ケガをし、引退を考えた時期があることを告白。

その頃に三浦から「ペアになりませんか?」と誘われコンビを組んだが、はじめて滑った瞬間に“最高のパートナー”とお互いに確信できたという。

しかしカナダの合宿生活では、三浦の「忘れものの多さ」や「遅刻の多さ」にびっくりしているのだとか。

三浦の世話をしてくれる木原のことを、三浦の家族が“トロントのお母さん”と呼んでいるという話も明かされる。

※番組情報:『徹子の部屋
2022年10月27日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

PICK UP