水谷豊&寺脇康文、2ショットに観客大興奮!水谷、寺脇の母に感謝「僕の相棒を生んでくれて…」

公開: 更新: テレ朝POST

水谷豊演じる杉下右京と寺脇康文演じる亀山薫が満を持して再びタッグを組み、新たな扉を開ける相棒season21

10月12日(水)の初回拡大スペシャル『ペルソナ・ノン・グラータ~殺人招待状』放送を目前に控えた10月9日(日)、水谷豊と寺脇康文が「相棒コンサート-響- 2022」大阪公演に特別出演し、再タッグ発表後初めて公の場での2ショットを披露した。

今回が「相棒コンサート-響-」初出演となった水谷と寺脇。

コンサートが進行し、ナビゲーターを務める“杉下右京”がスクリーンの中で喋り終えると、オーケストラの背後からティーカップを持ち同じ格好をした水谷が登場。

さらに、ここで「待ち合わせをしていた」という“亀山薫”こと寺脇も登場すると、客席からはこの日一番の大きな拍手がおくられる。

杉下右京と亀山薫が見せる軽妙なやりとり。あの頃と変わらない“亀山節”に、右京が「君、相変わらずですねぇ」と声をかけると、会場を笑いが包む。

「そして相変わらずMA-1が似合っていて安心しました」という右京に亀山も「僕が一番安心しましたよ(笑)」と笑顔を返し、右京からのあらためての「おかえりなさい」に亀山が「ただいま帰りました」と返してガッチリ握手を交わすなど、ファンにはたまらないやりとりが披露された。

割れんばかりの拍手に迎えられ、あらためてステージに登場した水谷と寺脇。

「噂に聞いていた相棒コンサートに初めて、しかも亀山くん(寺脇)と一緒に来ることができてうれしいですね」と水谷が喜びを語ると、寺脇も生まれ育った大阪・堺への凱旋にうれしそうな表情。

会場には寺脇の母も来ていたそうで、水谷からは「お母さん、僕の“相棒”を生んでくれてありがとうございます」とお礼の言葉もおくられた。

その後も随所で飛び出す寺脇らしさに、水谷はたまらず爆笑。「本当に変わらない、まさかこんなに変わっていないとは思いませんでしたよ」と笑い、撮影前のメイク中にも寺脇に笑わされすぎて、「撮影前に朝からスタミナ使い切っちゃうんですよ(笑)」という秘話も明かしていた。

そして、司会の渡辺宜嗣から寺脇に、「season21で亀山薫が復活すると聞いたときの気持ちは?」との質問が。

すると2人から、水谷が寺脇に連絡をしたときの様子が克明に語られ、「これが僕らの運命なんだよ」という水谷からもらった言葉を明かした寺脇。その言葉に背中を押され、今回の“伝説のコンビ復活”が実現したことが明らかになった。

さらに、放送に先がけ、『相棒season21』のオープニングテーマもステージで生演奏。作曲を手掛けた池頼広氏も演奏に参加し、出来上がったばかりのオープニングテーマを映像とともに楽しむ。

「かっこいいですね!」と感激しきりの水谷と寺脇。20年以上にわたり『相棒』の世界観を音楽で支えてきている池氏にあらためて感謝を述べていた。

ラストには、満員の観客とともに写真撮影。捜査一課の伊丹憲一役の川原和久、参事官の中園照生役の小野了もステージに登場。「特命係の亀山~」という伊丹のおなじみのセリフも生で披露され、観客席からは割れんばかりの拍手が起こっていた。

※番組情報:『相棒season21』初回拡大スペシャル「ペルソナ・ノン・グラータ~殺人招待状」
2022年10月12日(水)午後9:00~午後10:09、テレビ朝日系24局

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『相棒』過去全シーズン&スペシャルドラマに加え、劇場版、スピンオフも配信中。

PICK UP