嵐やTOKIOの作詞作曲も手掛けるミュージシャンが奇跡体験!中古で買ったギターが実は世界的人物のモノで…

公開: 更新: テレ朝POST

10月10日(月)放送の『激レアさんを連れてきた。』では、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)とヒコロヒーをゲストに迎え、「我が子のように大切に使っていたギターが実は世界的ギタリストが45年前に失くした伝説のギターだったため壮大なストーリーに巻き込まれた人」を紹介する。

タケシさんはTOKIO、関ジャニ∞といったジャニーズのグループにも数多く楽曲を提供しているミュージシャンで、自身でもライブ活動などを積極的にこなす実力派。

しかし、あるギターを購入したことをきっかけに、トンデモナイ運命に巻き込まれたという。

ことの発端は今から8年前の2014年。その頃、ギターの老舗メーカー「グレッチ」のヴィンテージを探し求めていたタケシさんは、行きつけのギターショップで運命的な出会いをはたす。

それが1957年製の「グレッチ」で、現存するのは数本しかないと言われる希少なモデル。

試し弾きをしたところ、「こいつは俺と出会うために生まれてきたんだ!」と思い込んでしまうほどの衝撃を受けて、即決で購入したのだそう。

その後は誰にも触らせたくないと仲間にも貸さず、毎晩一緒に寝るほどに愛情を注ぎ、代表曲もこのギターから生んだ。

そして我が子のようにギターを可愛がり、6年が経ったある日。タケシさんのもとにまさかの電話がかかってくる。

そのグレッチは“ランディ”が45年間探していたんですけど、一度お話しできませんか?

そんな内容の電話に、最初は詐欺だと相手にしなかったタケシさん。しかし、後に衝撃的な事実が判明する。

なんと自分が購入したヴィンテージの「グレッチ」は、カナダの伝説的ギタリストであるランディ・バックマンが所有していたものだったのだ。

ランディ・バックマンは、ビートルズのリンゴ・スターのバンドにも参加したほどの凄腕ギタリスト。いったいどのような経緯で彼の所有物がタケシさんの手元に渡ることになったのか?

そこには、ボン・ジョヴィやエアロスミスも巻き込んだ壮大なストーリーがあった…!

愛する「グレッチ」と生き別れ状態になったランディ・バックマンは、心の隙間を埋めようと似たような「グレッチ」を380本も購入。しかし、代わりになる新たなギターは見つけられず、ヒット曲も書けなくなったという。

世界中にいるランディのファンの凄まじいリサーチ力のおかげでタケシさんまでたどり着いたそうだが、その時のタケシさんのリアクションは?

また、ランディとの直接の会話で得た予想外の答えとは…。そして、そのヴィンテージギターは今、どうなっているのか?

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2022年10月10日(月)午後11:15~11:45、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)

『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

PICK UP