80歳の発明家が“魚のヒレ”から着想。海の上を滑るように進む異色ボートを開発

公開: 更新: テレ朝POST

世界各国の美しい港町や風景を伝える番組『港時間』。

9月30日(金)の放送では、クック諸島のラロトンガ島・ムリラグーンを紹介した。

ムリラグーンは、ラロトンガ島一のリゾートエリア。限りなく透明なターコイズブルーの海を求め、世界中から旅行客がやってくる。

そんなビーチの緑の木陰で、ボートを手入れするひとりの男性に出会った。

ケン・キングスベリーさん、80歳。

19歳のときにはじめてボートをデザインしたケンさんは、65歳の時に“あること”をひらめく。そしてできあがったのが、魚のヒレの動きをとりいれた足で漕ぐ“カタマランボート”。

この船は魚のヒレに似たフィンで進むんだ。尾ヒレのような動きが推進力を生むんだよ」(ケンさん)

海の上を滑るように進むボートに、乗客たちも興奮!

「ペダルを漕ぐので簡単」「とても気持ちよかった。景色も最高」という声が上がる。

ケンさんは、「発明はとても楽しいよ。開発にかなり苦労したけど、ちゃんと動いた時のよろこびが大きいんだ」と胸を張っていた。

なお、次回10月7日(金)放送の『港時間』は、アメリカバージニア州のキンセールを特集。

祖父が手放したマリーナを復活させ、地元の人々が気軽に立ち寄れる場所にしている女性を紹介する。

※『港時間』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
番組情報:『港時間
毎週金曜 深夜0:15~0:20、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)
(ABCでは毎週金曜 よる11:10~、メ~テレでは毎週日曜 午後5:25~に放送)

PICK UP