『ニンチド調査ショー』遂にゴールデン初回!みちょぱが“10代ニンチド”を危惧するワケは?

公開: 更新: テレ朝POST

2022年4月・6月に放送され大反響を巻き起こした新機軸クイズバラエティー『ニンチド調査ショー』

この秋ゴールデンでレギュラー化する同番組の初回2時間SPが、本日9月29日(木)に放送される。

特番から引き続き、MCはフットボールアワー後藤輝基ホラン千秋。幅広い世代の豪華ゲストパネラーとともに、各世代の超意外で驚きの“ニンチド”をクイズ形式でひも解いていく。

今回はゲストとして、『ザワつく!金曜日』より長嶋一茂石原良純サバンナ高橋茂雄が参戦。

さらに、あばれる君、みちょぱこと池田美優オアシズ大久保佳代子、ミキティこと藤本美貴も参加。

冒頭から高橋が「僕だけ、本当は(高嶋)ちさ子さんの方が良かった感ありません?」と言うと、長嶋が「俺はお前のほうが落ち着く」とフォローし、さっそくチームワークの良さを見せつける『ザワつく!金曜日』チーム。

和気あいあいと和やかにスタートするが、この番組の醍醐味は、各世代のリアルな自分の“ニンチド”が浮き彫りとなってしまうこと。はたして、ゲストパネラーたちは最後まで笑っていられるのか?

◆みちょぱ「自分でもたまに本名がわからなくなる…」

番組ではさっそく、10代のニンチドにまつわるクイズから出題。

まずは各々の10代のニンチドを調査するが、ルールとして、“みちょぱ”ではなく池田美優、“ミキティ”ではなく藤本美貴、“サバンナ高橋”ではなく高橋茂雄と、有名なニックネームやコンビ名を伏せた形で調査していく。

この過酷なルールにみちょぱは、「だったらヤバいかもしれない…自分でもたまに(本名が)わからなくなる」と危惧。はたして、それぞれの10代ニンチドはどのような結果に?

そして、ニンチド最下位の者に与えられる得点が倍になる残酷なシステム、名づけて“可哀想チャンス”の不名誉は誰なのか? リアルな自分のニンチドに、ゲストたちも戦々恐々となる。

※番組情報:『ニンチド調査ショー』初回2時間スペシャル
2022年9月29日(木)よる7:00~8:54、テレビ朝日系24局

PICK UP