『科捜研の女』新シリーズに最強の敵!石黒賢が孤高にして危険な“天才物理学者”に

公開: 更新: テレ朝POST

この秋、“火曜よる9時”という新たな舞台で生まれ変わる科捜研の女。そのスタート日が10月18日(火)に決定。初回は2時間スペシャルで放送される。

そんな『科捜研の女2022』には、“シリーズ史上最もクレバーな敵”ともいうべき新キャラクターが登場。

主人公・榊マリコ(沢口靖子)に冷酷な敵意を向けるのは、天才物理学者・古久沢明(こくざわ・あきら)。

数々の作品で善人から悪役まで見事に演じ分けてきた俳優・石黒賢が不遜極まりない孤高の科学者・古久沢に扮し、シーズンを通じてマリコの前に立ちはだかる。

古久沢は、科捜研の新メンバー・君嶋の元同僚で、“京都環境生態研究センター”に所属していた物理学者。

初回2時間スペシャルでは、彼らの元上司に当たる“環生研”センター長・奥崎が火の気のない公園で突然焼死するという不可解な事件が発生する。これは、いわゆる「人体自然発火現象」なのか…?

“科学は未来の人類のためにある”という壮大な信念を抱く古久沢は、自身が所属していた研究室の閉鎖を決定した奥崎に対し、「研究を阻む者は、未来の人類にとって害悪でしかない」と軽蔑の目を向けており、「排除されて当然」、つまり殺されても仕方ない人物だと何のためらいもなく言い切る。

もしや古久沢がなんらかの手段を用い、手を触れることなく奥崎の人体を発火させ、死に至らしめたのか? マリコは事件の真相を解き明かすべく奔走するが、古久沢は“心情”という不確かなものを糸口に真実に近づこうとするマリコに「科学者として醜悪」と冷たく非難する。

はたして、古久沢は謎の焼死事件と関わっているのか? 新シーズンの幕開け、衝撃の事件、そして衝撃の敵が現れる。

◆沢口靖子と初の本格共演!リスペクトを秘めて真剣対峙

脚本を読み、古久沢という人物のクレバーな部分に面白味を感じオファーを受けたという石黒。

マリコと激しく対立する役柄だが、「古久沢にとっては、どこか感情を優先するマリコの姿勢が、科学者として我慢ならない。だからこそ“あなたは醜悪だ”と告げるのですが、それは彼女を認めているがゆえのこと。どうでもいい相手にはそんなことは言わないはずなので…」と、その構図の根底にはマリコへのリスペクトが潜んでいると分析。

「面と向かって言うのはある意味、フェアな男である証」とも言い、ただ冷酷なだけではない古久沢という人間の奥行きを見つめながら演じる。

沢口とは互いにデビュー間もない10代の頃、CMで初共演。その後も同じ作品に名を連ねることは度々あったものの、本格的な共演は今回が初めてのこと。

「俳優ってワンシーン一緒にお芝居したら相手がどういう人かなんとなくわかるものですが、彼女の演技からはシリーズを長く背負ってきた責任感と誠実さが伝わってきました」と、対峙して改めて感じた沢口のひたむきさに感銘を受けた様子。

「そんなやっちゃん(沢口靖子)に面と向かってキツイ言葉を言うのは芝居とはいえ、なかなか胸が痛いです(笑)」と本音を打ち明ける。

さらに、「古久沢が最終的に“シロ”なのか“クロ”なのか、プロデューサーに聞いても全然教えてくれないので(笑)、限りなく“クロ”く演じていますが、みなさんも古久沢がどんな謎を秘めているのか、シーズン通じて楽しみにご覧いただけたら」と、初回以降の展開に期待を寄せた。

※番組情報:『科捜研の女 2022
2022年10月18日(火)スタート!毎週火曜よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局
<初回は2時間スペシャル、2022年10月18日(火)よる8:00~9:48>

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『科捜研の女』過去全シーズン&スペシャルドラマに加え、2021年公開の『科捜研の女 -劇場版-』も見放題配信中!

PICK UP