ド素人の女子大生が2年で敏腕社長に!廃業寸前の老舗かまぼこ屋さんを救った“奇跡の復活劇”

公開: 更新: テレ朝POST

9月19日(月)放送の『激レアさんを連れてきた。』では、渡辺翔太Snow Man)と福田麻貴3時のヒロイン)をゲストに迎え、「大学生の時にたまたま知った廃業寸前の老舗かまぼこ屋さんを、自分と全然関係ないのにほっとけないから2年半かけて復活させた人」を紹介する。

普通、街中で「閉店」のお知らせを見かけても「残念だな」と思うだけのことがほとんどだが、今回登場するマユさんは違う。なんと、お店の人もほとんど諦めかけていた創業130年以上の超老舗かまぼこ屋さんを、頼まれてもいないのに勝手に復活させてしまったのだ。

ことの発端は約2年半前。当時大学4年生で受講していた授業がきっかけだった。

企業を訪問し、その企業の課題解決に向けたアプローチを考える「ベンチャー起業論」という授業の課題で、“廃業”をテーマにリサーチ。その時に、1年間休業し廃業寸前だった「吉開(よしがい)のかまぼこ」のことをたまたま人づてに聞いたのだそう。

実際に先代の吉開さんに詳しい話を聞きに行ったマユさん。すると、お店自体は黒字だったのだが、吉開さんが過労から倒れ、後継もいなかったことから休業を余儀なくされた事実を知る。

マユさんはとくに頼まれたわけではないが、吉開さんの悲しそうな表情を見て「私が解決しないと!」と決心。

彼女は困っている人を見ると、自分の事は後回しにして助けたくなってしまう性格だったのだ。

この日からマユさんの「吉開のかまぼこ勝手に復活プロジェクト」がスタート。60社以上の食品会社に片っ端から「かまぼこ屋さんを買っていただけませんか?」とお願いするも、無残にも撃沈する。

やがて時は経ち、マユさんは物流会社に就職。しかし、一度も会社には行かず復活プロジェクトに全精力を注ぐことに。就職先の驚きのリアクションとは?

やがて買収してくれる会社も見つからないまま、あっという間に2年が経過。すると、マユさんはある“救世主”と出会うことに。

今までの苦労が嘘のように話が進み、なぜかマユさんはかまぼこ屋さんの社長に就任する。さらには、工場長に就いた人物は元ポーカーのディーラーで…。

いったいマユさんは、どんな方法でかまぼこ屋さんを復活させたのか?

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2022年9月19日(月)午後11:15~11:45、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)

『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

PICK UP