鶴見辰吾、2年前に最愛の父が他界。亡くなった日には“最期の贈り物”のような不思議な体験

公開: 更新: テレ朝POST

9月13日(火)の徹子の部屋に、鶴見辰吾が登場する。

俳優生活45年を迎えた鶴見。

40歳の頃に自転車をはじめ、50代ではマラソンにも挑戦した。

しかし、打ち込みすぎて痩せてしまい、依頼される役柄に変化が出てしまったために、どちらもやめてしまったという。

現在は週2日、ジムで厳しい筋トレに励み身体作りをしているが、また役に変化が…?

小学生の頃、家族に連れられ宝塚を観に行ってから俳優に興味を持ち、12歳でドラマデビューした鶴見。

ドラマ『3年B組金八先生』の出演で当時話題になったが、その共演者たちとは今でも同窓会を開き交流があると明かす。

また、2年前に最愛の父を亡くした。今の思いと父との思い出を振り返る。

父が亡くなった日には不思議な体験をしたそうで、それが“最期の贈り物”のように感じていると語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2022年9月13日(火)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

PICK UP