マツコ&有吉が語る、若者との向き合い方「何か言うのは極力避けている」

テレ朝POST

4月22日(金)に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、視聴者からの「若いころは否定していたのに、今は平気でやっていることってありませんか?」という投稿をテーマに熱い議論が繰り広げられた。

「何でも否定から入って、そこから肯定していく」ことが基本のスタイルだと話すマツコ・デラックス有吉弘行。それゆえに何かを否定し続けることはないといい、「地球上のすべてを認める日がいつか来ます」と明かす。

そんな2人は最近ではカリカリすることも少なくなり、許容範囲も広くなったという。2人は状況に応じて日々変化しているとのことで、かつては病気の話をしている人たちを見て「辛気臭い!」と感じていたものの、年齢を重ねたこともあり、今ではもっぱら健康の話ばかりをしているそう。

以前のように頭ごなしに何かを否定することはなくなったマツコ&有吉だが、とは言いつつも、いまだに理解できないこともあるのだとか。

有吉は成人式で暴れている若者を例にあげ、「認めてやりたいけど、ついついやめなさいよと言っちゃうね」と吐露する。

一方、マツコは「若い人に対して何か言うのは、本当に極力避けている…」といい、若者との向き合い方で気を付けているポイントを告白。この意見に有吉も「俺、ディレクターがそこで小便しても(何も)言わないと思うよ」と、冗談まじりに共感していた。

このほか、番組では言葉の語源・由来についてもトークを展開。

マツコが「(語源を)気になっているけど、それを私が調べちゃったら残酷すぎるなと思って…」と話す“ある言葉”とは?

※マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!

※『マツコ&有吉 かりそめ天国』は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

※番組情報:『マツコ&有吉 かりそめ天国
毎週金曜よる8:00~8:54、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)

PICK UP