『NEW JAPAN CUP 2022』準決勝!メインでオカダ・カズチカと内藤哲也の“黄金カード”が実現

テレ朝POST

3月26日(土)に開催される『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents NEW JAPAN CUP 2022大阪城ホール大会。

メインイベント(第8試合)の『NEW JAPAN CUP 2022』(以下、『NJC』)準決勝では、現IWGP世界ヘビー級王者のオカダ・カズチカ内藤哲也の“黄金カード”が実現する。

優勝候補筆頭と目されるオカダは、ここまで下馬評どおりの快進撃。1回戦でIWGPジュニアヘビー級王者のエル・デスペラード、2回戦でIWGPジュニアタッグ王者のマスター・ワト、そして3回戦ではタイチに激勝を収めた。

さらに準々決勝では、自身と同じ「闘龍門」出身の“外敵”CIMA(GLEAT/#STRONGHEARTS)と初対決。番狂わせを狙うCIMAが意地を見せるも、最後はオカダがレインメーカーで熱闘に終止符を討ち、ベスト4進出を決めた。

一方の内藤は1回戦で高橋裕二郎、続く2回戦が外道、そして3回戦は棚橋弘至と、すべて巧みな丸め込みで勝利をゲット。

さらに準々決勝のジェフ・コブとの一戦も、ツアー・オブ・ジ・アイランドを丸め込みで切り返し3カウント奪取と、持ち前のインサイドワークで順当に勝ち上がってきた。

これまで新日本最高峰のベルトを巡る戦いや『G1 CLIMAX』公式戦など、多くの名勝負を紡いできたオカダと内藤。直近では2.20札幌でIWGP世界ヘビーを懸けて対戦し、そのときは掟破りのデスティーノを繰り出した王者オカダが、最後は渾身のレインメーカーで内藤を撃破し挑戦を退けている。

現在の両雄のシングル対決の通算戦績はオカダの6勝5敗。12度の一騎打ちとなる今回、初めて『NJC』の舞台で対峙することに。

決戦を前に、オカダと内藤は3月21日に行われた新潟・アオーレ長岡大会で前哨タッグ対決を敢行。その試合後、オカダは「この前(2.20札幌)、『50周年にふさわしい戦い』と言いましたけども、50周年にふさわしい戦いなら2度目があったっていい。チャンピオンベルトを持ちつつ、この『NEW JAPAN CUP』、そして『G1』、しっかりと“三冠”獲って2022年、最高の1年にして締めたいと思います」と、50周年を背負う者として強い意気込みを見せた。

同じ試合後に内藤は、「1カ月前に札幌で敗れているわけで、ここで勝てば一気に…なんて、いやらしいことは言わないよ。まずは準決勝でオカダを倒すこと、そして、このトーナメントで優勝することだけを考えて、オカダの目の前に立ちたい」と、2016年以来となる『NJC』制覇に向け気を引き締めた。

わずか1カ月の短いスパンで実現する至高のシングルマッチ。オカダが3年ぶりの優勝に向け、内藤から連勝を収めて弾みをつけるか? それとも内藤が最強王者からリベンジを果たし、ファイナル進出の切符をつかむか?

◆セミも『NJC』準決勝、鷹木信悟とザック・セイバーJr.が対峙!

さらに第7試合、もうひとつの『NJC』準決勝は、2021年度のファイナリストである鷹木信悟と、2018年の『NJC』覇者であるザック・セイバーJr.が激突。

鷹木は1回戦で石井智宏、2回戦でタンガ・ロア、そして3回戦でチェーズ・オーエンズと、タイプの異なる強豪をそれぞれ真っ向勝負で正面突破。続く準々決勝では、高橋ヒロムと注目の「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」対決に臨み、階級差をはねのけて粘るヒロムを、最後はラスト・オブ・ザ・ドラゴンで仕留めた。

対するザックは1回戦で大岩陵平、2回戦で同門である「鈴木軍」のDOUKI、続く3回戦のグレート-O-カーンと、いずれも得意のサブミッションでタップアウト勝ちをスコア。

準決勝では2021年度覇者のウィル・オスプレイの猛攻に追い込まれるも、最後は新日本マット初披露の複合関節技“セレクテッド・テクニカル・ワークス Vol.2”で電光石火の逆転勝利をつかんだ。

鷹木とザックといえば、思い出されるのが2021年のシングル2連戦。『G1 CLIMAX』公式戦では、当時IWGP世界ヘビー級王者だった鷹木がザックの腕ひしぎ逆十字の前に屈辱のギブアップ負け。そして11月の大阪では鷹木が防衛戦でザックを迎え撃ち、ベルトを死守するとともに『G1』の雪辱を達成。いずれもスリリングな攻防を繰り広げた。

鷹木は準々決勝のヒロム戦後、「次は、今からやるザックとオスプレイのどっちかだな。ここまできたら俺はどっちでも構わねえ。どっちもすげえレスラーだからよ。そして向こう側には、オカダと内藤がいるんだろ。だったらなおさら!俺は負けるわけにはいかねえんだよ」と闘志をムキ出しに。

一方、オスプレイを振り切ったザックは、「今年は『NEW JAPAN CUP』制覇だけじゃない、あの(IWGP)世界ヘビーのベルトもいただく!」と強烈にアピール。2018年の優勝後、ザックは当時IWGPヘビー級王者だったオカダに挑むも惜敗を喫しているだけに、“今年こそは”という思いが強い模様。

2021年に『NJC』優勝目前で涙を飲んだ鷹木としても、ここは念願の初制覇に向けてなんとしても勝ち抜けたいところ。しかし、相手は意欲に燃える世界屈指のテクニカルレスラー。はたして“ザ・ドラゴン”はこの難局を乗り越えることはできるのか?

◆『NEW JAPAN CUP』以外にも注目の試合が続々!

そのほか、第6試合では高橋ヒロム&BUSHIとウィル・オスプレイ&アーロン・ヘナーレが、第5試合ではYOSHI-HASHI&YOHとジェフ・コブ&グレート-O-カーンがそれぞれタッグマッチでぶつかり合う。

第4試合では後藤洋央紀が本隊の本間朋晃タイガーマスクとトリオを結成し、話題の「#STRONGHEARTS」CIMA&T-Hawk&エル・リンダマンと激突。第3試合ではエル・デスペラード&TAKAみちのく&DOUKIが、NEVER無差別級6人タッグ王者のSHO“キング・オブ・ダークネス”EVIL&高橋裕二郎と対決する。

第2試合では、矢野通&石井智宏&真壁刀義とタイチ&鈴木みのる金丸義信が6人タッグマッチで対戦。さらに第1試合では、棚橋弘至が「GUERRILAS OF DESTINY」のタマ・トンガ&タンガ・ロアと「6or9」の田口隆祐&マスター・ワトとともに、「BULLET CLUB」のバッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ&外道&石森太二&エル・ファンタズモと対決する。

※大会情報:『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents NEW JAPAN CUP 2022』
2022年3月26日(土)午後2:30開場 午後4:00試合開始
大阪・大阪城ホール
チケット購入はこちら

◆公式動画配信サービス「新日本プロレスワールド
2022年3月26日(土)午後4:00~

対戦カード
・第1試合
棚橋弘至&タマ・トンガ&タンガ・ロア&田口隆祐&マスター・ワト vs. バッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ&外道&石森太二&エル・ファンタズモ
・第2試合
矢野通&石井智宏&真壁刀義 vs. タイチ&鈴木みのる&金丸義信
・第3試合
エル・デスペラード&TAKAみちのく&DOUKI vs. SHO&“キング・オブ・ダークネス”EVIL&高橋裕二郎
・第4試合
後藤洋央紀&本間朋晃&タイガーマスク vs. CIMA&T-Hawk&エル・リンダマン
・第5試合
YOSHI-HASHI&YOH vs. ジェフ・コブ&グレート-O-カーン
・第6試合
高橋ヒロム&BUSHI vs. ウィル・オスプレイ&アーロン・ヘナーレ
・第7試合『NEW JAPAN CUP 2022』準決勝戦
鷹木信悟 vs. ザック・セイバーJr.
・第8試合『NEW JAPAN CUP 2022』準決勝戦
オカダ・カズチカ vs. 内藤哲也