深川麻衣、『特捜9』新キャストに!「すごく緊張しますが、それ以上に楽しみです」

テレ朝POST

第5シーズンを迎える井ノ原快彦主演ドラマ『特捜9』。

浅輪直樹(井ノ原)を筆頭とした特捜班の面々が事件解決へ挑む姿を、より痛快に、よりサスペンスフルに描き出す本ドラマ。その新キャストとして、深川麻衣の出演が決定した。

2018年4月のスタート以来、難事件に挑む刑事たちの活躍のほか、その背景にあるそれぞれの人生模様を“縦軸”としてしっかりと描いてきた『特捜9』が、今春早くも「season5」に突入する。

最新作でも、浅輪直樹刑事(井ノ原快彦)を筆頭とした個性が強すぎることでおなじみの特捜班メンバーが、相変わらず衝突しながらも、事件解決という同じ意識を共有し、全力で捜査に当たる。

加えて、警視庁内に新設された部署「捜査支援分析センター(SSBC)」に所属し、特捜班の捜査をサポートする三ツ矢翔平役にSnow Man向井康二が新たにキャスティング。

そんな「season5」に、さらなる新キャストとして深川麻衣が登場する。

◆深川麻衣、マジメでしっかり者の刑事・高尾由真に

今作で深川が演じるのは、しっかり者の優等生である女性刑事・高尾由真。

もともと正義感が強く、警察官になったことも周囲からは当然と思われ、任官後も仕事をそつなくこなして順調に自身の評価を高めてきたが、実は失敗を怖れるあまりチャレンジできない自分に少し苛立っていた側面も…。やがて、特捜班のメンバーと関わることで、気づかぬうちに自分の殻を破っていくというキャラクターだ。

捜査にマジメに邁進しながらも揺れる心を抱え、人知れず悩んで…という難しい役どころを、深川が等身大の演技で体現する。

深川と言えば、2011年から2016年まで乃木坂46のメンバーとして活動をし、卒業とともに女優の道へ。

そんな彼女が魅力的に演じ切る由真。深川は「すごく緊張しますが、それ以上に楽しみです!」と特捜班メンバーとの共演に関して期待に胸を膨らませる。

由真の役づくりへのアプローチについても「皆さんとのお芝居の中で、その場で生まれるものを大事にしながらキャラクターを作って行ければ」と、すでに井ノ原を筆頭とした役者陣への信頼が感じられるコメントも。

今後、由真が直樹や新藤亮刑事(山田裕貴)ら科捜研メンバーとどのようにかかわり、一緒に難事件に向き合うようになっていくのか。注目だ。

◆深川麻衣(高尾由真役)コメント(全文)

最初に『特捜9』の新シーズン出演のお話をお聞きしたときは、正直なところ「なぜ、私に!?」ととても驚きました!

これほど長きにわたってファンの方々から愛され続けている作品に参加させていただくこと、井ノ原(快彦)さんをはじめ、特捜班メンバーの皆さんとご一緒させていただくことは、すごく緊張しますが、それ以上にとても楽しみです。

第1話の台本をいただき、私が演じる由真のセリフや言葉尻から、「どういう人なのだろう?」と想像を膨らませていましたが、あまり凝り固まらずに、由真という人物像を築いていければと考えています。

というのも、先日クランクインし、最初の撮影が吹越(満)さんと田口(浩正)さんとのシーンだったのですが、そこで実際に吹越さんのアドリブを目の当たりにしまして…。「これがウワサに聞いていた『特捜9』の現場なのか!」と実感できました(笑)。こうして今まで皆さんで色々なシーンを生み出してきたんだなと。

なので、私も皆さんとのお芝居の中で、その場で生まれるものを大事にしながら、由真というキャラクターを作っていければと思っています。

今後、由真がどのような形で特捜班のメンバーと関わり、どのような事件に向き合っていくのか…ぜひ楽しみにしていただければうれしいです!

※番組情報:『特捜9 season5
2022年4月6日(水)スタート! 【毎週水曜】よる9:00~、テレビ朝日系24局