『ポツンと一軒家』に大家族!所ジョージ、「こういうのが見たかったんですよ」と大喜び

テレ朝POST

日本各地の人里離れた場所になぜだかポツンと存在する一軒家と、そこに住まう人物の人生にも迫っていく番組ポツンと一軒家

3月6日(日)は、MCの所ジョージ、パネラーの林修と、愛媛県の地元住人から「大変な場所」と言われる超山奥の一軒家に迫る。

四国・愛媛県でポツンと一軒家を発見!

高知県との県境に近い山の中、切り開かれた土地に、とても整備が行き届いた畑が衛星写真でも確認できる。

家までは広い道が続いており、いつものような道なき道を進むようなアクセスでもなさそうだ。所は「3世帯くらいで暮らしている大農家じゃないですか?」と予想しながら、まだ見ぬ一軒家の暮らしぶりに期待を膨らませる。

山あいを抜ける道沿いにある、のどかな集落。建っている家は少ないものの、捜索隊は剪定作業をしている男性を見つけ出し話を聞いてみることに。

すると、衛星写真を見る前から「ポツンと一軒家といえばあそこじゃないかな?」と、すでに心当たりがある様子。衛星写真を確認してもらうと「うん、ここで間違いないですよ」と即答。

しかも、目指す一軒家のことをよく知っているようだ。話を聞くと、山奥の一軒家に大家族で暮らしているのだという。家までの道のりも詳しく教えてもらうことができた捜索隊は、集落から山へと続く脇道へと向かう。

その脇道はしっかりと舗装されており、いつものように道幅が狭くなくとても走りやすい。しかし、しばらく進むと様子が一変。山へと入るにつれて数日前に降った雪が残り、路面が真っ白に凍結してしまっている!

いつもの崖道や獣道とは違う緊張感が走る捜索隊は、いつも以上に慎重に、タイヤを滑らせないように山奥へと進んでいく。やがて、折り重なる尾根のあいだ、広大に切り開かれた土地に立派な日本家屋を発見!

そこにいたのは63歳の男性。「いやいや、ポツンというほどでもないですよ」と笑いながら迎えてくれたが、隣の家までは2キロも離れており、正真正銘のポツンと一軒家だ。

話を聞くと、江戸時代には5軒1組の集落だったそうだが、昭和39年に1軒になったという。今でこそ広い道が家まで続いているが、30年ほど前までその道は開通しておらず、車が通れなかったために集落までは徒歩(登山)でしか来ることができなかった。地元の人からも「大変な場所」と言われるくらいだったとか。

そんな立地にあるこの一軒家では、男性の両親と、3人の息子たち、さらには息子夫婦の娘たちという4世代11人が暮らしていた!

番組史上最大規模の大家族の登場に、スタジオでは所が「こういうのが見たかったんですよ!」と大喜び。はたして、僻地に建つポツンと一軒家での大家族の暮らしぶりとは?

※番組情報:『ポツンと一軒家
2022年3月6日(日)午後7:58~午後8:56、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット