桃月なしこ、『科捜研の女』に初出演!“ヨドンナ”で話題のコスプレイヤーが女優役に

テレ朝POST

沢口靖子主演の人気ミステリー『科捜研の女』。

2月24日(木)放送の第12話では、コスプレイヤー、モデル、女優などマルチに活躍する桃月なしこが売れっ子女優役で登場。

世界的なファッションデザイナーが彼女のために制作した“女優コート”をめぐって巻き起こる陰謀に、マリコ(沢口)たち科捜研チームが迫る!

今回は、とある百貨店の商品企画部オフィスで、側頭部を殴打され絶命した女性の遺体が発見されるところからストーリーがはじまる。

やがて被害者は、定額料金で服を借り放題できる“サブスクリプション(サブスク)”の責任者で、一流ブランド「ミサヤマモト」の“女優コート”なる目玉商品を手掛けた功労者であることが判明。

その後、“女優コート”の連続窃盗事件が発生していることを知ったマリコと土門薫刑事(内藤剛志)らは、車上荒らしでコートを盗まれた女優・川久保純(桃月)とも接触するが、コートの追い剥ぎというさらなる事件が…。しかも、被害に遭ったのがマリコもよく知るあの人物で…!?

はたして、コートの連続窃盗事件の背景にはいったい何が?

◆桃月なしこのモデル&コスプレイヤーの魅力爆発!

2018年より本格的な芸能活動をスタートさせた桃月なしこ。

人気コスプレイヤーとして多くのイベントに登壇する傍らでドラマや舞台、CMにも積極的にチャレンジし、『魔進戦隊キラメイジャー』(2020~2021年/テレビ朝日)では敵役幹部・ヨドンナに大抜擢。

低音ボイスのドSキャラで舌を出しながら不敵な笑みを浮かべる様子が話題となり、ヨドンナが登場する回はTwitterのトレンド入りをはたすほどの注目を浴びた。

また、2020年発売のファースト写真集『未完』は5度の重版を達成。キュートさとセクシーさ、小悪魔的な魅力を兼ね備えた新鋭として目が離せない存在となっている。

そんな桃月が今回演じるのは、ある百貨店が仕掛ける服借り放題のサブスクサービスの広告塔であり、目玉商品“女優コート”のユーザーでもある女優・川久保純。

初登場シーンでは、お付きの者に日傘を差されながら颯爽とスタジオを闊歩。やがて、呼び止めたマリコが京都府警の人間だと知っても臆することなく堂々と対応するさまは、自信に満ちた女優然としており貫禄さえ漂う。

大きなファーの付いた黒いコート、肌触りのよさそうな総柄のシャツ、ハイウエストな濃いパープルのスカート、そして吸い込まれるような赤と金ボタンの装飾が印象的な“女優コート”など、彼女が劇中で着用するファッションにも注目だ。

※番組情報:『科捜研の女 season21』第12話
2022年2月24日(木)よる8:00~よる8:54、テレビ朝日系24局

科捜研の女 season21』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では地上波放送終了後にドラマ本編を配信。また、過去全シーズン&スペシャルドラマ250話以上も見放題配信中!

PICK UP